オーストラリアで大規模山火事発生
  2013年1月

以下、海外ニュースからの報道;

オーストラリア、タスマニア州南部の町フォーセット(Forcett)の海岸。山火事で発生した大量の煙が、急激な上昇気流と共に上空へ立ち昇っている
AP
通信によると、タスマニア州を含むオーストラリア南東部では、空気の乾燥や最高気温45度という猛暑の影響で、各地で山火事が続発しているという。
現在まで死者は報告されていないが、タスマニア州東部のダンオーリー(Dunalley)では住宅100棟以上が火災に見舞われ、100人が行方不明になっている。
ニューサウスウェールズ州地方消防局のシェーン・フィッツシモンズ(Shane Fitzsimmons)局長はAP通信に対し、「最悪の状況だ。もはや壊滅的なレベルに達している。山火事が発生している地域では一刻も早く避難して欲しい」と話しているという。

 

オーストラリアの女性首相が深刻な面持ちで現場を視察;

 

 

 全焼したダンオーリー小学校(Dunalley Primary School)を視察する、オーストラリアのジュリア・ギラード首相。17日、タスマニア州ダンオーリーで撮影。AP通信によれば、ギラード氏は訪問中、「われわれは暑く乾燥した国に住み、壊滅的な火災を定期的に経験している」とコメント。「すべてを気候変動のせいにすることはできない。しかし異常気象が増えていることは事実だ」。






院長手記..................

 

 タスマニアは、赤道を軸とし北海道と対称な南半球に位置する。北海道の真冬時期は南半球で夏の盛りです。タスマニアと言えば、「貴重な動物」の宝庫、タスマニアしかいない希少な固有種も多い。例えばタスマニアンデビルという動物を知っているでしょうか? 他にも飛べない鳥やカモノハシという卵を生む哺乳類がいます。

猛暑と山火事は、少なからず動物の生態系に影響を与えると、現地のレンジャーから連絡があり、私は何かお手伝いをしたいこと、また野性動物の調査と救出に向かうことにしました。

 

オーストラリア・タスマニアの山火事は1月9日現地紙によれば、乾燥と熱波と強風により消火作業は進まず、既に19,000ヘクタールを超える地域で燃え続けているとのこと。ことは急を要しました。

 

私が出発したときに、千歳の気温は−7度でしたが、オーストラリア入りしたときには+32度と真夏です。しかも、雨男といわれている私は20年ぶりとかのモンスーンをお土産に持って行ってしまい、なんと80年に一度という熱波の山火事を消してしまいました。しかも洪水まで起して・・・やりすぎました。

とりあえず、山火事はほとんど鎮火したとのことで、次の目的とした野性動物の状況調査を引き続いて行いました。

オーストラリアは有袋類の現存が最も多い大陸。カンガルーはいたるところにいます。移動能力の高い動物は山火事の影響は低いようです。コアラはユーカリの木の上からほとんど動きませんから、どのような状況にあるのか心配ですね。でも、幸運にも見つけることができました。コアラ保護区の山中は火事の影響は低かったようです。なにせ一日に20時間も睡眠する生き物ですから火事になっても逃げ出せないでしょう。

他にも、エキドナと言うハリモグラもじっと丸くなるだけですので、逃げ遅れるタイプの動物です。

幾らオーストラリアが広いと言っても、山火事に囲まれたらひとたまりもないでしょう。

ちゃんとこの動物も難を逃れたようです。

そもそもオーストラリアの大部分は砂漠地帯で、乾燥と高温の季節が長いことまた、周期的に山火事が発生するため、動物たちにも自然災害に対する環境順応が備わっていると思われます。しかし、

やはり保護する必要性はかなり重要と思われました。

有袋類が栄えた太古の時代から、オーストラリアには3000万年前から哺乳類が侵入し生息を狭められたとされ、さらに

近代、人間による虐殺および環境の悪化で彼らの住む場所は減っています。

今回、日頃診察の機会のあるワラビーやカンガルーのほかに、野生のアオジタトカゲや毒ヘビの仲間を見られたのは、

たいへん勉強になりました。過去に当院ではカンガルーの毛球症やカンガルー病の手術、ワラビーの希少な人口保育にも成功しております。エキゾチック動物や野生の希少種の治療や保護にはまだまだ研究が必要です。




オーストラリア旅行記2、へ。

 








Back