オーストラリアの旅行記

有袋類のウォンバットのつがいです。オスがメスを抱きかかえるように寝ています。

なんてのんびり生きているのでしょう。

オーストラリアではこのようにゆったりと生きている動物が多いです。

天敵が少なかったからでしょう。

 

 

施設で保護されているフクロモグラ。現地名前エキドナと呼ばれ独特の身体つきから

とても愛されています。エサは配合飼料をたん白質主体で作りますが、

人工飼育するためにその調合はかなりの試行錯誤があったようです。

野生ではよちよち歩きながら細い口先で穴を掘ってシロアリ類を食べます。

 

 

 

施設で保護されているカモノハシ。

水中で水生昆虫・甲殻類などを長いくちばしで水底を
ほじりながら探します。主食は魚ではありません。

水中ではまぶたを閉じて泳ぎ、くちばしの感覚器で生体電流を感知することにより

エサを探します。有袋類単孔目カモノハシ科は一種類。卵を産む哺乳類と知られています。

卵は巣穴の中で産まれ大体10日くらいで孵化します。

哺乳類に「孵化する」という用語を使うのは、ちょっとドキドキしますね。

 

本物のはく製。

体重は1s少々で意外にに小さいのがわかります。右は目を閉じています。

触った感じはそれほどごわごわしていないですが体毛は非常に密です。

お腹側の毛色は泳いでいる画像を見ると分かるように白っぽい毛です。

オスの後ろ足には毒針があります。厳重な管理下で保護されています。

 

 

 

山中で発見した野生のエキドナです。倒木に頭をうずめて隠れてしまいました。

この動物は現存する中でもっともカモノハシに近い種類です。




 

 

また寝ています。一日のうち20時間は睡眠をし、

3時間くらいがグルーミングタイムで残りが食事時間らしく・・・。

何ともうらやましい生き物ですね。

さて、コアラが大好きなことで知られているユーカリですが、

実は毒素が含まれており、他の動物たちは食べることが出来ません。

しかし
コアラの盲腸は非常に長く、

発酵により毒素を微生物で分解して栄養素を吸収することができるのです。

食べ物に困ることなくのんびりと出来るのも、

他の動物たちと食性が分かれて食い分けできるから。

意外に考えているんだなあと、感心です。


 

 

ユーカリの木の上で寝ている野生のコアラ。

かなり高い木の上にいるので
、探すのは相当大変です。

保護施設にも飼育下で育っています。

木の股に座って足を投げ出しているのを見ると、

いったいこの生き物はなんなんだろうと考えさせられます。

ちなみに、ユーカリにも好き好きがあるそうです。

 

タスマニアにしかいないタスマニアンデビルです。

デビルというには似つかわしくない
かわいい顔をしています。

ところがひとたび餌の肉を与えるとものすごい
唸り声をあげて食べだします。

それがあまりに恐ろしいのでデビルと呼び名がついたのだそう。

寿命は56年と短く、現在デビル顔面腫瘍性疾患DFTDという病気のため危機に瀕してます。

 

 

1月の初旬に発生したタスマニアの山火事の映像。

撮影した人の自宅ベランダから火の手がだんだんと近づいてくるのが見えたそうです。

相当怖かったことでしょう。

 

消防もヘリコプターなどが出動したようですが、焼け石に水だったそうで

推定1000人くらいが家を放棄して避難したようです。

火事の原因は20年ぶりの猛暑と乾燥により自然発火したようです。

 

 

 

 

毒蛇の仲間です。ちかづかないようにします。

 

野生のワラビーもたくさんいます。

この子は車のそばに来るので
パンをあげたら目の前まで来ました。

大半のカンガルーは、こんなに
フレンドリーではないのですがね。

 

野生のトカゲですが種類はわかりません。

乾季のトカゲにとって厳しい時期ですが、

大きなコロニーも作らず岩の下にもぐって生きてます。

この地にはペットで人気の高い、アオジタトカゲも生息しています。

 

 

 

山火事の現場に入りました。

いたるところに焦げた木の跡がありますが、

山ごと丸焼けというところは少なく無傷の植物も生えており、少しホッとしました。

消火活動に参加することなく雨男がすべてを解決してくれました…。

 

 

しかし、生き残った動物たちのエサや巣穴などの被害は少なくないでしょう。

このような山火事はオーストラリアでは年単位の周期で自然に発生し、

それが植生の活性化にもつながっています。自然の摂理の一つなのです。

 

 

 

 

タスマニアキングクラブという蟹です。これで3kg弱です。

我々が普通に食している毛ガニがだいたい500gですから相当な大きさです。

本土のレストランの水槽にいました。

水族館ではないですよ。驚きました。




オーストラリア旅行記1へ


Back