謹賀新年 2016年 1月元旦 

札幌は穏やかな年末と新年を迎えております。

今年は世界も日本も穏やかな年となると願っております。

さて、今年の干支は「申」 サルです。   

サルが入る言葉にはなぜかあまりいい意味のものがありません。

サルには「ずるがしこい」とか「騒がしい」という

ニュアンスが含まれているからでしょう。

例えば、「猿も木から落ちる」や「猿の人まね」、「猿に烏帽子」など

あまり褒めたものではないですね。

「犬猿の仲」という言葉もありますが、

外国では犬の宿敵は猫であり、英語の慣用句では Cats and Dogsと

言いますのでMonkey は出てきません。

私が今まで診察に来られたお猿さんの中で一番思い出に残っているのは、

上海雑技団の札幌公演の時に怪我をしたアカゲザルのことです。

膝を怪我していましたが大変気性が荒く、調教師の言うこと以外聞きませんでした。だましだましレントゲンを撮り、施術を行いましたが常に

調教師がサルを鞭で脅していました。

日中友好のため治療費は無料にしました。もしかして芸でお辞儀位するかと思ったのですが、帰りにおサルが礼をすることはなく去っていきました。

以前、ベトナムのジャングルで野生の「スローロリス」の保護や、

スリランカの寺院などにいる穏やかに人と共存しているサルなど

自然の中にいる多くのおさるさんと関わってきました。

サルの恩返しなんてないかなあ****

でも、良い意味では「苦厄を去らせる」という解釈もあります。


写真1 
コスタリカの海岸で遭遇した野生のリスザル。 長い尻尾とドロボウ顔がなんとも愛嬌です。

写真2 10匹くらいの群れで、エサを探しながら地面や木の上を常に移動していました。

世界遺産に登録されているインドネシアのボロブドゥール遺跡には、ヒンドゥー教のジャータカ神話にサルとキツネとウサギが出てくる、神の慈悲でウサギが月に行った伝説話のサルが、神に供物の果実を用意するレリーフがありました。

写真3 1300年前に作られたとは思えない巨大遺跡です。紙芝居のように説話が数百並んでいます。おさるさんなのが分かりますね。

 

追伸; 干支の十二支とは12進法の「月month」を表す言葉で、それぞれの月を生物に置き換えています。

ですので「申」と「猿」は直接の関係がありません。 本来の「申」とは植物が育ってよく伸びる月という農業に関係する意味です。

「サルー!」とはスペイン語でカンパイ!と言う意味です。

皆様のご拝読ありがとうございました。 
今年も皆様によい年でありますように 「サルー!」

Back