春になるといろいろな動物たちが活動を始めますね。

私は一年中、生物に関する調査を実施していますが、特に春は北海道内各地の生物の動向を25年以上にわたり、生態学の観点から観察してきています。特にターゲットに絞っているのはヒグマと、カエルやサンショウウオなどの両生類です。

ヒグマの雌は冬ごもりしている間に、雪の下の巣穴の中で赤ちゃんを1〜2頭産みます。そして、春雪解けとともに穴から出て、山で芽が出たばかりの野草を食べながら子育てをします。危険な雄熊に出会うのを避けながら、まだ食べるものの少ない山で野草を探し歩きます。数年前から札幌市内中央区や南区で目撃されたヒグマは、私が10年前から追っかけ調査している若い雌の母ヒグマと子熊です。ヒグマの数は道内全体で増加しているといわれていますが、私の調査では少しくらい増えているという印象です。そんなに急に増えることは知床を除きないと思います。なぜならば成体のヒグマはとても臆病で、人との接触を避けますから山にも開発がどんどん進んできている昨今、深い山中でなわばりを維持することは容易ではありません。狭い山中を多くのヒグマが生息するには、今の北海道の自然山林では足りないのです。なわばりがない以上、ヒグマの数は増えません。

ただし、以前はヒグマがいなかった地域にもヒグマが出没しているので、おそらく増えたヒグマには新たに入り込んだ新天地ではないかと思います。その程度の頭数の増加はあると思います。

ヒグマは一般に危険動物で駆除の対象になっていますが、石狩や後志地方では「地域種」という環境省の保護動物に指定されているのです。人に直接危害を加えない限りむやみに殺してはならないのです。

私はヒグマが人里に出てきて、人に危害を加えたり、それによってヒグマが殺処分されることにならないよう、ヒグマの監視を行っています。

今年の調査では道内のヒグマの出没は多くなると思われます。雪が解けるのが早かった割に、餌のある山の雪が残っているため餌が少なく、幹線道路や里山に降りてくる可能性があります。特に道北道東では注意をしてください。川釣り、山菜取りは危険です。

もう一つは、カエルやエゾサンショウウオなどの両生類について調べています。毎年同じ時期に同じ場所を調査することで、卵の産卵開始時期から気候の変動を知ることができます。また、産卵数などから生息数を推測できます。これは「環境指標生物」※である両生類から環境の変化を知ることができます。

「※環境指標生物・・・環境指標動物とは、環境条件の変化に敏感に反応し、大気、気温、水質、降水量などの差によって生息域や生息数、繁殖に異なった状況を呈する特定の生物のことを言う。その生物を調べることによりその場所での年次的状況の変化を知ることができる。環境の変化に弱い両生類は地球規模の異変に対応する生物である。ほかに、河川の水質調査では汚水域の貝のカワニナや、清水域のサワガニなどの生息からその環境を推察することができる。」

 

4月24日、今年初のエゾアカガエルの卵を積丹東部の山中で発見しました。ここは近くに温泉が湧いているので他の場所よりも早くにいつも見られます。それでも例年より一週間遅れていますね。山のこぶしもまだ咲きそうにありませんでした。

エゾサンショウウオは道南道央では生息域が少なくなっています。原因は小川のせせらぎや湿地が減ったためです。まだ、札幌市内でも見られる場所は残っています。少しでも生息場所が残り、春に生き物の活動が毎年みられて、次の世代にもつなげられることを望みます。

写真 エゾアカガエルの卵塊。このような塊が5つ6つかたまってありました。

写真 拡大すると卵の中に黒いオタマジャクシの赤ちゃんが見えます。

Back