6月下旬。

5月産まれの二匹のライオンの赤ちゃんが、検診に来ました。

一匹はちょっと珍しいホワイトライオンの女の子。

まだ、人口哺乳中で、体重も3kgしかないのに、

「ガオー」とライオンらしさをアピールもしてくれました。

病院の中を悠々と歩き回り、まるで点検でもしているかのようでした。

もう一匹は普通のライオンの赤ちゃん、こちらも女の子です。

この子は少々オテンバで、

押さえられると怒って噛り付いてきました。

さすが、幼くても百獣の王。末恐ろしいです。

でもやっぱりまだまだ赤ちゃんですから、

ミルクが欲しくて、そしておかあさんが恋しくて。

指に「チュパチュパ」と吸い付いてくる姿は

とってもかわいらしかったです。

成長した姿を想像するとちょっとおっかないですが・・・、

健やかに育ってくれることを願っています。



Back

ライオンの赤ちゃんが
やってきた!