円山スネークアート展2014


*     ご存知の方は少ないかもしれませんが、

*     円山動物園では、毎年、爬虫類・両生類をモチーフにした芸術作品展を

*     市営円山動物園では毎年開催しております。

*     さて、今年で何回目になるんだったでしょうか?

*      

*     今年も、数々の素敵な作品が出展されていました。

*     プロの方からセミプロ、マニア?いろいろな趣向ですばらしい作品が展示されます。

*     当院の院長は、毎年このアート展の委員長を務めさせていただいております。

*     委員長とはいえ、作品の一選考委員として皆様方の作品に触れ

*     公平な目線から作品からにじみ出てくる霊気のようなものを嗅ぎ取って

*     厳選なる両ハ類に近づいていきます。

*     以下、円山動物園のHPから。

*      

*      

*     円山スネークアート展2014とは

ナゼ、多くの人は爬虫類・両生類を嫌うのだろうか。

きっと、ヌルヌルしたり、ツルツルしたり、ザラザラするなど皮膚感覚が違ったり、人間とはかけ離れた異質な存在だからだろうか。それとも気持ち悪いという先入観だろうか。

しかし、世の中には人が嫌うものや異質なものに価値観を見いだし、魅力を感じる人もいる。このような人々は、豊かな感性で爬虫類や両生類の魅力を鋭く感じとったり逆に魅力を表現できメッセージを伝えることができる人々なのかもしれない。

また、円山動物園には、爬虫類・両生類も含めたくさんの動物が飼育展示されていて、それぞれの動物が例えば本来の生息地における自然破壊、地球温暖化等々多くの環境問題に関わるメッセージを発信している。

今回、爬虫類・両生類を愛する人々が円山動物園に集い、円山動物園を舞台にして、新たな視点で爬虫類・両生類の魅力を市民に伝えていきたいと考えました。

それが「円山スネークアート展」です。

 

 

 

授賞式の模様です。

私(斉藤聡賞)と漫画家の五十嵐由美子さん(五十嵐由美子賞)と

円山動物園園長賞、そして閲覧されたみなさんが選ぶ大賞の市民賞が選ばれ、

受賞と副賞が手渡されました。

来年も、素敵な作品の応募が楽しみです!

 

「斉藤聡賞」に選ばれた森さつきさん

賞状の授与

 

森さんの作品。これはどう見ても生きているとしか見えない。リアルすぎます。

エゾサンショウウオの仲間たちすばらしいですね、

スネークアートロゴ