ベトナムの食べ物いろいろ編
2016.3



ベトナム料理で有名なのは春巻き、フォー麺、
バインミー(サンドイッチ)などの屋台料理が主流ですね。
10年前に訪れた時と比べて今回は格段に屋台が清潔になり、
ビニール手袋をはいて料理をしていました。
食器はあまりきれいではない水洗いですが、
客に出す前には紙で拭いてくれます。
良いことにおなかの弱い私が
一度もひどい腹痛になりませんでしたから。
国の指導で公衆衛生に力を入れているのでしょう。



ハノイで食べたフォー・ボー 「ボー」は牛肉のフォー麺。
つるつるとした米の麺に魚介や肉類からとった
複雑でとてもおいしいだし汁。
この上にもやしやパクチー、レモングラス、ネギなど
様々な生の香草をのせて食べます。
調味料はベトナム特産の激辛の生唐辛子入りの
ニョクナムがとても合います。


中部の都市フエで食べた巨大タニシ。
とても辛い汁に浸っています。
これとは別に小さいタニシもありベトナム人は
器用に爪楊枝でほじって身を食べ最後は貝をすすります。

フエの町の露店市場で見つけた巨大シジミ。
これは何だろうと道端のおばちゃんから買いました。
私の顔と比較してその大きさがわかりますか?

店構えのある料理屋に持ち込み頼んで、
蒸しスープにしてもらいました。
店のお兄ちゃんが興味深そうに私が食べるのを見ていましたが。
お味の方はやはりシジミです。
でもとっても弾力があってかみちぎれない・・・。

LAU ラウーと言うのは鍋料理のこと。
ベトナムの鍋料理はその地域で魚介、ブタ、山羊、鳥など様々あり、
どこのものも特産品を使い安くてとてもおいしい。
家族づれやカップル、何かの仲間同士で鍋を囲みワイワイと食べています。
とにかく出汁がおいしく癖になる味です。
これは烏骨鶏のLAUで極上の味でした。
鍋の中にこれが…さすがに箸が出ませんでした。

LAU NAM これは南部のホーチミンに近い
「カントー」と言う町で食べたキノコのLAU。
鍋の中には何でもかんでも入っていて、
港町のせいか出汁は魚介系で魚のかまぼこが入っていました。
左手の野菜をどんどん入れて食べます。
ハスの花のつぼみや、ハスの茎、切トマト、オクラなど鍋に入れるには
ちょっとかわった野菜もありました。これも鍋には意外と合いますね。


ハノイで食べたLAU THAP CAM 
五目鍋と言う意味でしょう。
牛肉、エビ、魚のぶつ切り、鳥肉など盛りだくさんで
最後に素麺?米麺を入れるのが定番です。
道端にテーブルと椅子を出し、おいしい店は地元民で激込みです。

上のLAUに付属している卵を割ってみると
中からは孵化まぢかの鳥のヒナが出てきます。
南ではホビロンといい、北ではチュンビロンと言います。
鍋料理には欠かせない卵です。
私はちょっと無理でした。

北の“サパ”の町の屋台で売られていた何かの蛹。
見た感じフライパンで炒めた様子。
ピーナッツ感覚で食べるようですが絶対無理。



魚屋で売っていたイソメ。
魚釣りのエサではありません。
どうやって食べるのかわかりませんが、
考えたくもありません。


CHAN GA  直訳「鳥の足」 
中国や台湾でも見かけますね。 
茹でた鳥の足でコラーゲン的な部分を、
指でつかんでがぶりとかじり取ります。
ベトナム人はこれが大好きですね。
私はちょっと抵抗がありますがいってみます。
味は鳥の軟骨です。



ウーン。


BAHN BOT LOC 
茹でエビをゼリー状の春巻きの皮みたいなもので包んでいる
おやつ感覚フード。
触感がたまらなく良く、ピリ辛のニョクナムに付けて食べる。
「フエ」の名物料理の一つです。


BAHN BEO 最も有名な「フエ」の料理。
小皿に薄皮の米粉を敷き、その上にエビのそぼろをのせてある。
スプーンでくるりと巻いて、スープに浸して食べる。
食べ方が面白くてよい。
ベトナムではここでしか見られない料理。



ベトナムでは山羊料理が庶民に人気です。
LAU DE ヤギ鍋や山羊の焼き肉の専門店があります。
これは流行らしい山羊の乳房の焼き肉。
一度茹でてあります。
乳首・・・そのまんまなんです。


定番の空芯菜のニンニクいため。
RAU MUONG。

時期があるのか、今回は
暖かい南の方でしか見かけませんでした。
現地では生野菜をサラダのように食べることはあまりないです。


おやつ編。 
チェーというかき氷とジュースの間位の甘い飲み物。
右はチェー・ハッセンという。沈んでいるのはハスの実です。
ベトナム人はハスの実が大好きで
炊き込みごはんにも入れますね。



番外編 これはカエルの卵巣のスープ



メニューに日本語でこのとおり。
台湾ですので中国語です。
ベトナム料理ではありません。

卵巣だけを見ますとこのとおり。
卵塊と言うわけでもなく何なんでしょう。
食感はゼリーでもなく寒天に近いでしょう。