コモド島に渡るには、
まずインドネシアのバリ島デンパサールから
ラブアンバジョーまで飛行機で2時間、
そこからはポンポン船で4時間の行程です。

船から見ると周囲の島々には
砕けた白いサンゴの砂浜が広がり
碧い海との対比がとてもきれいです。
そして、船上から海面を観察すると、
この島々が流れの速いたくさんの
潮流の渦の中にあることがわかります。 

なぜこの島にだけこの巨大トカゲがいるのか?

ふと、その謎を解くカギの一つが
この渦なのかもと思いました。





↑↑コモドドラゴンの動画↑↑







インドネシア
絶滅危惧種に会いに行く




  

院長の斉藤です。
2015年2月、長い間の念願だった
野生のコモドドラゴンを探しにインドネシアへ行ってきました。

爬虫類の中で、長さではニシキヘビ類には負けますが、
世界中で体重・体長をあわせると
最も大きなトカゲ亜目の爬虫類。
肉食恐竜のような姿に毒牙を持つ最強のトカゲです。

私だけではなく、爬虫類好きにとって、一生に一度でいいから会ってみたい夢の生物の一つでしょう。

インドネシアでは、
「コモド」と言えばコモドドラゴンのことだと通じます。
現地では「Ora(オラ)」とも呼ばれます。
インドネシアでは神秘の象徴でもあり
知らない人はいない生き物ですが、
インドネシア人でも野生のコモドドラゴンを
見たことがある人は少ないようで、
ほとんどは動物園などでしか見たことがないそうです。








【名称】コモドオオトカゲ
【別名】コモドドラゴン
【学名】Varanus komodoensis
【英名】Komodo Dragon, Komodo Island Monitor
【全長】200300cm(最大313cm
【重量】約70kg(最大166kg)

 コモドドラゴンが生息しているのは、日本から4000km離れたインドネシア東部、フローレス周辺にある小スンダ列島、そのなかのコモド諸島の4島(コモド島・リンチャ島・ヌサコデ島・ギリモタン島)など、ごく一部の島にのみ存在します。

これらの島々は、コモド国立公園として世界自然遺産に登録され保護されています。

CITES保護Tに指定されており2014年度の推定生息数は5000〜6000頭で政府により厳重に保護・管理されています。



























【コモドドラゴンの説明】 現地の専門家からの聞き取り調査

・外観
身体の表面は厚い鱗に覆われ、鋭い爪と力強い縦に扁平の尾を持つ。体長3m、体重160kgという最大記録があるが、6歳以上の成体で通常は2m50cm前後で体重は60〜80kg程度である。オスの方がやや大きい。オスとメスの区別はオスのほうが頭部の張り出しが大きく、メスはすらっとした頭部であり成体では簡単に性別は見分けられる。
トカゲ亜目の中で体長では、同じインドネシアのニューギニアに生息するハナブトオオトカゲは最大体長4mを超えるが、コモドオオトカゲのほうが体重は重く、体幅、体格も大きいため地球上で最大のトカゲと言われている。
・生物感・繁殖
成体は平たい土地の草地や林、海岸に生息しており、変温動物であり昼行性であるから主に朝や夕方に活動し、暑い日中は40度以上になるため木陰や穴でクールダウンしている。

1歳以下の幼個体は樹上で暮らしている。幼体は成体に捕食されるのを防ぐため、ある程度の大きさになるまでは樹上や、枯れたpalm raja やtapangの木の“うろ”の中で成長する。この木のうろの中には昆虫や小型脊椎動物がたくさんいるらしい。2歳令以上のある程度の体格になると若い個体も成体と同じように地上で生活をするようになる。基本的には単独生活をし群れない。
野生では優勢なオスは3匹ほどのメスを持つハーレムを作り、乾季の6〜7月に交尾を行う。このころオスはメスをめぐりオス同士で激しく争い「コンバットダンス」と呼ばれる直立した組み手をし、互いに咬み付き合う。メスは8〜9月頃に50cm〜80cmほどに掘った地中に産卵する。中にはトリのキジ目ツカツクリの古巣を産卵に利用する場合もある。産卵数は約10〜30個で、孵化までに6〜8ヶ月かかるがノブタやサルなどに捕食されることが多く、孵化し成体になる確率は1%以下とのことである。野生下での寿命は長くて40〜50年前後である。動物園の飼育下ではプールで泳ぐ姿が見られるが、野生下でも海を泳ぐことがあるようである。この島には泳げるほどの湖や大きな川はない。
・餌
成体は島に生息する植物以外の生物を何でも捕食し共食いもする。多く生息しているシカ類、ノブタ、鳥類や時には水牛を食べる。大型の獲物にありつくと一度に自分の体重の80%に当たる量を食べることができるという。幼体は樹上で鳥や卵、昆虫類他の爬虫類や両生類を捕食する。
獲物を取る時に行動が哺乳動物よりも遅いため、待ち伏せで攻撃する。大きな獲物の場合一撃で倒せなくとも、一度咬みついたならばそのあとを追跡する。近年、コモドドラゴンは牙に複数の毒腺を持つことがわかり、毒が回って獲物が倒れるまで何日でもしつこく追廻す持久力をもつというのは驚異的である。追跡のため嗅覚が非常に鋭く、常に舌を用いてヤコブソン器官を刺激する。数キロ先の動物の死骸の匂いも探知可能である。

・毒

以前は、コモドドラゴンは口腔内の細菌や細菌の毒素により獲物は咬みつかれると感染し敗血症を起こして死亡するといわれてきた。確かに、爬虫類に限らずとも咬傷が原因で危険な状態になりうる細菌はある。この説を完全に否定するわけではないが、コモドドラゴンが獲物を直接死させうる毒素を持つことがついにわかった。
2009年、メルボルン大学のブライアン・フライ氏のチームの研究で、コモドオオトカゲの毒について解明された。コモドオオトカゲには毒があり、噛み付かれた獲物はその毒に犯されてゆっくりと死に至るということが判明した。

その毒素とは獲物の血液の凝固を妨げ、大量出血によるショック状態を引き起こすヘモトキシンを持っているとの研究成果を発表した。

毒の注入方法は、ノコギリ状の歯で噛み付き裂傷を作り、咬み傷から毒を注入するという仕組みをとっている。毒腺はヘビと異なり複数の腺管を持っており、咬まれた側の症状は血液の凝固を阻止されるためゆっくりと失血し、出血性ショックから急激な血圧低下や心不全を引き起こす。獲物を仕留めた状態になるには獲物の大きさや毒の量にもより24時間以上かかることもあるとのこと。

危険なコモドドラゴン

コモドオオトカゲに襲われ死亡 インドネシア東部で地元男性

http://img.47news.jp/PN/200903/PN2009032401001001.-.-.CI0003.jpg

 コモドオオトカゲ(AP=共同)

 【ジャカルタ24日共同】インドネシア東部のコモド島で23日、世界最大のトカゲとされるコモドオオトカゲに地元の男性(31)が襲われて死亡した。コモド国立公園当局者が24日、明らかにした。

 コモド島では2月にも国立公園レンジャーが休憩中にコモドオオトカゲに襲われて負傷したばかりで、地元メディアによると、ここ数カ月、襲撃が続いているという。2007年には8歳の少年が襲われ死亡した。

 同公園当局者によると、死亡した男性は果物を採ろうとしている最中、木の陰にいたコモドオオトカゲ2匹に襲われて、首や手足をかまれた。

 コモドオオトカゲは最大で体長3メートル、体重100キロにも達する。コモド島と周辺の島々にのみ生息している。

2009/03/24 19:50   【共同通信】

 

コモドドラゴンに咬まれ、8歳男児死亡

コモドドラゴンが住むコモド国立公園内の漁村で、ドイツ人の8歳の男の子が亡くなりました。http://blog-imgs-1-origin.fc2.com/image/i/241.gif
コモド国立公園によると、男の子がトイレのために茂みに入ったところ、コモドドラゴンに腰の辺りを咬まれ、そのまま引きずられて、右足に負った傷からの大量出血で亡くなったとのことです。コモド国立公園はまた、「コモドオオトカゲが公園内の住宅地を歩き回ることは珍しくないが、人間を襲って殺すことは非常に稀で、たいていは軽いけがを負わせるぐらいだ」と話しています。

コモド国立公園入口 コモドドラゴンに会う前に女の子たちに拉致される。

このように危険な野生のコモドドラゴンを観察するには、現地のガイドが必ずついて案内を受けます。万一のためにサスマタのような棒をもって島内を案内してくれます。撮影のためあまり近づくとガイドに止められます。この写真はアメリカの動物園のコモドドラゴンです。

海外旅行世界遺産 コモドドラゴン コモド国立公園の絶景写真画像ランキング  インドネシア

Taken at the Memphis Zoo in Tennessee.

生殖のふしぎ

コモドドラゴンの生態で、Nature誌に掲載された報告があります。コモドドラゴンは有性生殖の他に単為生殖するとの驚きの報告でした。爬虫類にはキノボリヤモリやメクラヘビなど単為生殖する種類がありそれ自体は珍しいことではありません。これは2006年12月21日のNatureという雑誌にてニュースとして発表されました。イギリスのチェスター動物園とロンドン動物園でそれぞれ確認されていたようです。

チェスター動物園では25個の卵から11個の子どもが発生中であることが確認されたという記事が載っています。壊れた卵から遺伝子検査に回されました。一方、ロンドン動物園でも2年半前に22個の卵から4匹の子どもが生まれたのだそうですが、その時にもメスはオスと離されてから2年半も絶っていたので、単為発生したのではないかと疑われていたそうです。このメスは、卵を産んだのであわててオスと一緒にすると、オスと一緒になった2ヶ月後に新たに6個の卵を産み、そのうち1匹が孵化したそうです。爬虫類は精子貯蔵という、メスが一度交尾をすると年度を越えて受精卵を産卵することが知られています。
この度の報告で、上の二つの「単為発生」らしいケースについて、フィンガープリンティング法で遺伝子を調べたところ、すべての子どもの遺伝子はホモになっていて、それらの個体がオスの遺伝子と関わりなく発生をした単為発生個体のすべてがオスであることが確かめられたと言っています。単為生殖はメスが子孫を残すために、オスがいない状況下でクローンを作ることです。私が驚いた理由は単為生殖を動物園の中で行ったということです。エサが豊富でメスだけで飼育され、単為生殖が誘起されるということなのでしょうか。良いことなのかどうなのか自然の摂理に悩みます。

海外旅行世界遺産 コモドドラゴンの孵化 コモド国立公園の絶景写真画像ランキング  インドネシア

Taken at the Memphis Zoo in Tennessee.

コモドオオトカゲの繁殖に成功、シンガポール動物園



コモドドラゴンの繁殖は数か所の動物園で成功しています。上はテネシー州動物園。

下はシンガポール動物園。このように生まれたばかりのコモドオオトカゲは、成体の姿とは別のトカゲというような姿をしています。成体は灰がかった褐色であるのに対し、幼体は黄色に水玉模様がついています。2歳令になるまでにこの模様はなくなります。

○コモド島にはコモドドラゴンの伝説がありました。

島のドラゴン王女とNajo(夫)の間に男の子と女の子の双子の赤ちゃんがうまれました。

一人は人間の男の子でSi Gerongと言い、もう一人はコモドオオトカゲの女の子でOrahと言った。生まれた後にその兄妹は別れ別れにされました。数年後のある日、成長したSi Gerongは、でシカを仕留めた時に巨大なトカゲに遭遇しました。Si Gerongが獲物を取り返そうとトカゲを殺そうとした時、突然母である王女が現れ、二人は兄妹であることをSi Gerongに伝えました。それから島では人とトカゲは兄妹であるとされ敬われました。島の南部には LOANG ATAWINI卵が孵る所(夫人の寝床)と言われる場所があり、Najoの墓もある神聖な地とされています。

 

【旅を終えて】

思っていたよりずっと小さな島のコモド島。荒潮の南海の孤島に住む伝説のドラゴンの島。 長い長い時を生き残ってきた地球の奇跡の生物。 悠久の時を超えて進化を遂げて今にいる。どこから現れどのようにして今まで生き残ってこられたのだろうか。

それにしても、天災や人災を受けるこの狭い島はこの動物を生き残らせるにはあまりに小さすぎないか。人の保護による飼育下でこのドラゴンは安穏と過ごしていると思えない。野生のドラゴンは本物のであると思える尊厳と迫力を感じた。伝説の架空動物であるが、このわずかな島々にコモドドラゴンとして存在する。まさしくこの事実だけがの棲家がこの海にあることを肯定している。かつてこのと人間は双子の兄妹であったと語り伝えられてきた。これからもこのが地球上でいつまでも生き続け、進化しつづけられるように願ってやまない。

石山通り動物病院 院長 斉藤 聡