パプアニューギニアの裸族
…コテカの人々

文明とは何だろう。豊かさとはいったい何だろう・・・     

裸のままの体と心 インドネシア


テレビなどの映像を見ていると、世界には近代社会や文明と隔絶されて、
服を着ないで古来の生活をずっと続けている人たちが登場します。

しかし、それは真実の姿なのだろうか・・・

今まで訪れたことのあるアフリカやアラスカでも、現地の先住民の生活実態は
携帯電話にテレビ、PCなど、文明という名の商品があふれていました。
世界中にはもう昔からの民族伝承の生活をしている民族が本当はいないのではないか?
世界各地を旅してきた私は、かなり前から寂しくそう一人で思っていました。
そして、地球のどこかにはまだ、文明に侵されていない民がいるのではないだろうかと
淡い期待を抱いていました

もし、そのような民がいるとしたらおそらくニューギニアの奥地かもしれないと考えていましたが、そんなある日のこと、科学誌「Science」にパプアニューギニアで世界初発表の、毒のある鳥について報告されました。 

(以下、報告文 
Homobatrachotoxin in the genus Pitohui: chemical defense in birds?

Dumbacher JP1, Beehler BM, Spande TF, Garraffo HM, Daly JW.、 Science 1992
Oct 30;258(5083):799-801.
その他の報告、BirdLife International 、(2012). "Pitohui dichrous". IUCN Red List of Threatened Species.

パプアニューギニア写真集へ
ダニ族の踊り2
ダニ族の踊り

【 ダニ族とは 】 自分が見た観察と聞いた説明

1.  ダニ族が住む村はナッソウ山脈の2〜4000mの山に囲まれた高地で、主にBaliem Valleyという谷に点在している。ワラで作った「ホナイ」(スペル不明)という丸い小屋に住んでいる。もちろん電気や水道はないし、車やバイクが入れる道はなく、山を2日程かけて歩いてしか行くことができない。山には猛獣や毒蛇、サソリなどはいない。

2. 部落の間では小競り合いが多く、現在でも戦争がある。戦いの武器は木製の矢と長い槍のみで、鉄砲や金属製の武器は使わない。互いに同じ人数が死なないと戦争は終わりにならず、和睦する時はブタやお金で賠償するらしい。実際、私が訪れている間も戦争中の部落があると言われ、夜間に遠くから戦の陣触れのような楽曲が聞こえていて怖かった。

3. イモを栽培して主食にしている農耕民族であり、勇ましい格好をしているが外国人に対しては友好的で、ブタを盗んだりプライドを傷つける行為をしない限り危害は加えてこない。以前、日本の鉱山会社がヘリコプターで山に入り、重機で鉄の試掘を始めたそうで、麓に住むダニ族が怒って戦闘準備を始めたので慌てて逃げかえったことがあるそうだ。

4. 言葉はダニ族はダニ語を話し、インドネシア語は話せない。民族的にもパプア人とインドネシア人(ジャワ人やバリ人)は別の人種である。ダニ族には文字がなく、絵も描かないし偶像彫刻もしない。音楽は日本の茶摘み歌のような感じの歌をよく歌う。アイヌ民族が用いる薄い板に紐をつけた口琴楽器の「ムックリ」と、ダニ族は非常によく似た「ピコン」か「ピゴン」という唯一の楽器で踊り歌う。

5. 一夫多妻で、妻と子供は一つのホナイに住み、男は別のホナイに寝泊まりする。3人妻がいればそれぞれにホナイがある。それぞれのホナイは近い場所にあるが家族で一緒の家には住まない。最近は一人の妻をめとると代償に5匹のブタを出すとのこと、ブタの数は一定ではないらしく、その差はなぜあるのか聞いたが笑って答えなかった。以前は貝殻が貨幣替わりであったが今の財産はブタと女らしい。一つの集落は数十から100人弱くらいいて各集落は隣接せず独立している。

6. ダニ族は男女とも服を身に着けない。男性は性器に「コテカ」(多分インドネシア語)、penis seathe(英語)、キオ(ダニ語)と呼ばれるヒョウタンを乾燥させた筒状のものをかぶせている。女性は簡単な腰ミノをまとっていて、既婚女性とは夫から贈られる色付きの編んだ腰ミノをつけていることで区別ができる。男女ともに上半身は裸で女性も乳房は隠さない。小さな子供は何もまとわずすっ裸である。

7. 一日の生活は、男は8時くらいまでに起きてきて、サツマイモを蒸して食べるが食べないこともある。女は男より早く起きて水を汲みに行き、ブタを放して畑で草むしりなどをする。昼は持参したイモを食べ昼寝する。午後は晩に食べるだけのイモを掘り、水を運んだりする。晩御飯の前に放野しているブタを集めて小屋に戻す。晩御飯もサツマイモを蒸して食べる。同じ集落であれば皆で分け合って食べる。味は付けない。男は木を切ったり開墾したり主に力仕事をのんびりとしている。農具は柄の長いスコップとナタである。もともとは金属を知らず石器と木製品のみで畑を作っていた。雨の日は何もしないで自家製煙草をふかしている。

8. 人が死ぬと、村中でたくさんのブタを丸焼きにし、3日間パーティーをする。昔は土葬や子供は風葬、川に流すなどもあったそうで、墓らしいものは作らなかった。これらのことは現在なくなり、火葬しているとのこと。今はキリスト教の影響で集落に十字架を付けた祠のような墓を個々に作る。近しい人が死ぬとその悲しみを忘れないよう、女の人は自分の指を一本、石で根元から切り落とす。年を取った女性で親指以外の指がすべてない方と握手をした時に痛々しく感じた。現在指切りは法令で禁止されているとのこと。

9. ホナイの中は窓がなく日中も真っ暗である。入口は一か所で狭くかがんで入らないとならない。床には干し草が敷いてある。二階建てになっていて一階の真中にかまどがあり、寝るのは二階である。懐中電灯やライターはたいていあるようだが、木と木をこすり合わせ自分で火を起こすこともする。夜間は寒いので熾火をして二階で寝るようだ。夜も着替えず昼間と同じ裸でコテカをつけたまま寝る。寝る時用のコテカもあるとのこと。

10.主食のさつまいも以外、バナナや年に数回ブタを焼いて食べ、塩は交易かまたは塩水が湧く泉で自作する。味付けはなくとてもシンプルで質素な食事であるが肉は大変なご馳走である。ブタは長老が殺し下顎をはずして、傍正中というよりも体側を切開する独特の解体方法で行う。そして石を焼いて穴を掘りバナナの葉に包んでイモなどと共に蒸し焼きにする。この作業は女が行う。蒸されるまでに2時間ほどかかり、焼けたら石をどけてまず長老や男が食べる。脳みそは長老が食べる。豚の生殖器は食べない。腸はホルモン焼きのようにして子供が食べる。長老は女たちにも肉を分け与えるが一緒には食べない。鳥は飼っていなく、海とかけ離れ海産物はないし川魚などもない。サツマイモの味は甘く大変おいしい。ダニ族の寿命は60歳くらいであり医療のない民としては長寿と思う。

ダニ族の言葉;

こんにちは・・・男からは「ナヤック」、女からは「ラオック」

やあ・こんにちは・さようなら・・・「ワッ」

きれい・・・「ハヌモト」

ブタ・・・「ワンッ」

ガイドにワッというつもりで相手にワンッと言ってしまうと槍で射されるから気をつけろと言われた。

Back

この写真はWikipediaより

パプアニューギニアで活動していた Jack Dumbacherという鳥の研究者が
1989年、偶然、自らの調査での体験で有毒の鳥についての報告をしました。 
それまで世界中の生物研究者のだれもが鳥類だけは毒を持たないという定説が
根拠なく信じられていました。
それが公に否定されたのです。
しかも、パプアニューギニアの先住民は
この鳥が毒を持っていることを昔からすでに知っていて、
この鳥を英語にすると“the rubbish bird”. 
「ゴミの鳥」と名付けて食用をなるべく避けていたようです。
この鳥の呼び名は“PIT-oh-whee” が正確のようです。

学名 family Pachycephalidae

(追記・・・残念ながら、現地の人に聞いてもこの鳥を知る人はいなく、名前の語源は分かりませんでした。)

この鳥のことを知り、いろいろ情報を得ているうちに
パプアニューギニアを形成するニューギニア島の骨梁の中部に位置する、
ジャヤウイジャヤJayawijaya山脈にはバリエムBaliem渓谷という高地に
ダニ族という裸族が生活していることを知りました。
ニューギニア島は文明人の勝手な国境の線引きで島を南北に直線で分断されました。
その線上には未知の民がいました。
この民は今から50年ほど前に航空機が空から発見した地球で最後の未開人だったのです。
その民の名はダニ族と言いました。
その後の地上からの探検で、
ダニ族以外にもモニ族、ヤリ族などの種族がいることがわかりました。
文字を持たず最近まで文明に触れることなく、
裸同然で近代と隔絶された未開の地で生きてきた民
。野蛮で首狩り族と言われていました。
特にダニ族の男性はいつも裸で”コテカ“と呼ばれる先のとがったもの?を
男性のシンボルにかぶせていることで有名になりました。
私はこの民にとてつもない興味がわいていました。 




いつかぜひ会ってみたい・・・・





淡い気持ちを抱いてから数年たち、その夢は実現しました。

事前の情報はほとんどなく、札幌ー韓国ーインドネシアーパプアニューギニアへ
島々を5回航空機を乗り継いで、
ようやくパプアの島の北部の町Jayapuruジャヤプーラまで行きます。
そこからはプロペラ機でダニ族が住む最も近い町であり、
拠点となるWamena ワメナにたどり着きました。
この町から奥地高山へとダニ族を探してジャングルに入ります。
現地でまず、ダニ族の村を知るガイド人を探します。
にわか仕込みのインドネシア語でガイドと相談し、
さらに食料と水を運ぶためのポーターを4人雇う必要があると言われました。
ポーター?ダニ族の村に行くにはエベレスト登山並みの覚悟がいるのかとおどろきました。
これほどの準備がいるのならば本物っぽいなあと期待が膨らみます。

必要な食料などを買出しに露店のマーケットにいくと、
あれっ?なんとコテカつけたじいさんが歩いているではないか。
ガイドに聞くと、部落から歩いて街に出てきては観光客に写真を撮らせて
お金をせびるのだそうです。何だ、すでに世俗的とちょっとがっかり。

写真は撮らずスルーしました。

ガイドからダニ族について説明を受けました。
ただし少し英語交じりの大部分はインドネシア語です。