コスタリカ カエル調査 
ヤドクガエル ネコメアマガエル

 

2014年2月

 

中米の国、コスタリカは赤道の近く北緯10度に位置し、北海道からの距離は直線で約14000km、日本との時差は15時間である。インカ時代の遺跡が周辺国にありまた、エコツアーが盛んで自然保護区・公園が点在し固有の動物種が多く存在する。よく知られている生物には「ヤドクガエル」と言うとてもカラフルなカエルが生息している。鮮やかな赤や緑、エメラルド色など保護色とは真逆の生態を持つカエルである。他にも水面を二足により走ることで有名なトカゲの仲間の「バシリスク」や、手塚治虫氏の漫画になった「火の鳥」のモデルと言われている「ケツアール」と言う美しい鳥が生息している。

火の鳥のモデルになったと言われている「ケツアール」。美しいカラフルな羽はインディオの王にのみ許された飾りであった。

多くの両生類・爬虫類が生息しているが、1980年代後半から「ツボカビ」 Chytridiomycosis 菌の侵入により90%の両生類の個体数が減少し、32%が絶滅または絶滅の危機に陥ったと言われている。生物学的に両生類は地球上で起こる異変に敏感に反応する事から「環境指標動物」と呼ばれ、個体数や種などの調査は人間にはわからない地球の自然の変化を知る上で重要である。

私は国内でカエルツボカビ病の診断を行う、コア獣医師なるものをしている。
大学で生態学を教えている関係で両生類や爬虫類を対象に以前から世界各地で調査をしてきた。
そんなヤドクガエルはどんな美女よりも素敵な存在であった。

ようやく運が巡ってきて20142月から、雨季に入る直前の絶好の時期に中米を訪問する事が出来、調査に入って様々な動物と遭遇したので報告する。

 

○ヤドクガエル

両生綱、無尾目、カエル亜目、ヤドクガエル科に分類され、9属207種が中米から南米の熱帯雨林の低地から高山に分布する。

古代インディオ人がフキヤガエル属の毒を抽出し、吹き矢の先に塗って狩りに用いたことが名前の由来となっている。現在は日本国内でも毒を持たない自家繁殖個体が流通し、特異な体色からペットとしての飼育がおこなわれている。ヤドクガエルの派手な体色は、有毒種であることを天敵に認識させる警告色の役割を果たしている。

外見上の色彩の特徴の他にも、日本の固有のカエルのように水たまり、池などに産卵する種もいるが、ヤドクガエル科には属する種類によって繁殖形態が多様化している事も特徴である。植物の茎の間や葉の裏などのわずかな水場に産卵するものも多く、このような狭小な水環境ではオタマジャクシ(幼生)が食べる餌の確保が難しい。そのため幼生が餌を摂らずに変態し成体まで成長するものや、メスが餌として産む無精卵を食べて成長するもの、オスの親カエルが卵や幼生を背負い水場まで運ぶものなど、繁殖し幼生を成長させるための様々な適応が見られる。

毒はアルカロイド神経毒で、わずか20μgで人間を死に至らしめるという強毒である。バトラコトキシンのほか、ヒストリオニコトキシンプミリオトキシン等を持つ種がある。特にモウドクフキヤガエルは触れただけでも死の危険がある。

 


strawberry poison frog coast
 美しい赤色のイチゴヤドクガエル。



green & black poison frog 黒と水色の水玉模様のコントラストが面白い。

 

○アカメアマガエル
アマガエル科、学名:Agalychnis callidryas
 英名はRed-eyed leaf frogで、日本名の由来になっている。アカメアマガエルは、体の背面は明るい鮮やかな緑色をしている。その緑と対照的なのが目の色で、特徴的に文字どうり赤い目が目立つカエルである。熱帯雨林にいるカエルのシンボルともいえる美しいカエルである。種の中で小型種であるcallidryasは「美しい木の妖精」の意味である。

寝ているときには目に網目状の文様がみられ、保護色と思われる。

アカメアマガエルは小川の近くの低地の熱帯雨林にいる。夜行性であるが昼も夜もよく寝ていて光を当ててもほとんど動かない。通常は樹の上の葉の裏などにいる。足の裏に吸盤がついているので、樹の枝や幹などに動かずに何日も同じ場所にいることが多くなんとも風変わりなカエルである。このカエルは毒をもたない。雨季の間には何度も繁殖し、オスはメスを抱接すると、離さずくっついたまま餌もとらずに一日以上費やすこともある。産卵は水場のある場所に張り出した葉の上に産み、オスはその卵に放精する。孵化するとオタマジャクシは葉をつたい自然に水の中に落ちるようになっていて、水の中に入ったオタマジャクシはその水場で成長し変態する。


red-eyed leaf frog ギョロ目が真っ赤なのが二日酔いの朝の様である。

 

○オレンジヒキガエル

1989年の目撃情報を最後に姿が消え去ったオレンジヒキガエル。事実上の絶滅種ではあるが、生存が期待され得る“姿を消した両生類”として最も有名な種である。

 オレンジヒキガエルが絶滅した理由には、干ばつやツボカビ症の流行が重なったことが挙げられている。生態が分からないうちに絶滅したためわずかな写真しか現存していない。


 絶滅したと言われているオレンジヒキガエルのコピー写真(許可を得て撮影)。撮影された写真でさえ現存はほとんどない。


○ピグミーガエル

2009年にパプアニューギニアで発見された、世界最小のカエルは学名Paedophryne amanuensis で体長は7.7mmしかない。写真の小さなカエルはコスタリカの専門家は現地ではピグミーガエルと呼んでいるとのこと。

 

ピグミーガエル 私の指の長さから計測したところ体長わずか1cmであった。

 

○ガラスガエル

英名 Glass frog であり腹部が透明な種が多く、その名の通り体表からガラス越しのように肝臓や拍動する心臓などが透けて見える。背側は淡い緑色が多い。なんとも神秘的な雰囲気の小さなカエルである。 emerald glass frog 体表が透き通っているのが大変不思議である。保護色と言うよりは擬態の一種と思われる。


 

○ティカル国立公園文化遺産保存研究センター

コスタリカの隣国グアテマラは現在でもマヤの遺跡が次々発見されている。マヤ文明の中心的な古代都市遺跡が存在するグアテマラのティカル国立公園は、ユネスコにより世界複合遺産に登録されている。中でも、北のアクロポリスと呼ばれる区域は、特に古典期前期において歴代の支配者が埋葬されたネクロポリスであり、ティカルだけではなくマヤ文明全体の歴史を解明するために多大な歴史的財産を有している。しかし、ピラミッドなど石灰岩からなる建造物は浸食や風化が著しく、保存が追い付かず援助が必要とされている。日本政府は遺跡調査と保存を解決するため、国際無償資金協力としてティカル国立公園文化遺産保存研究センターを2010年に建設譲渡した。


グアテマラのインカ遺跡にあり、日本の国際協力事業で寄贈された施設。表敬訪問をしてきた。

 

 


同センターは総工費5億円以上をかけて建てられ2010年に引き渡された。その際にはグアテマラの大統領が記念式典に参列された。

 

 

 

カエルのたわごと:

世界中で続く両生類の減少と、その30%以上が絶滅の危機に瀕している現状に危機感を抱いている。
生物多様性と言うのは様々な解釈があるが、中でもある種の特殊な進化を遂げてきた生物が、人類の誕生以前からと同様に繁殖しまた更なる進化を遂げることでもあると私は思う。現代で進化は終わっているわけではない。そのためには人類は生物の生活場所を奪い去ってはならない。

絶滅したかもしれない生物を探索する事はある意味、無意味ととれるかもしれないし、それであれば危機的状態にある生物を救う手段を考えた方が得策なのかもしれない。10年ほど前、シナ半島ベトナムのジャングルで絶滅の疑いがあるジャワサイの生息調査にフランスの調査隊と参加したが、その後生息痕跡は無くやはり絶滅が濃厚となった。

もし絶滅したと思われた生物の再発見が実現しても、それまでの科学的見解が間違っているわけではなく、特定あるいは両生類全般の危機的状況を否定する証拠だと楽観してはいけないという生物学者もいる。

ヤドクガエルが生き残ってきたのはその身に付けた猛毒のおかげであったろう。しかし地球に人類が繁栄している現代、その毒は身を守るためには無力すぎる。
「わずかな生き残りや隔絶された生息域での再発見は完全な絶滅より確かに喜ばしい。しかし残念ながら、地球規模で進行する両生類の喪失に対抗するにはささやかな勝利にすぎない」。







Back