ゴマフアザラシの赤ちゃん


4月のある日、なんと!ゴマフアザラシの赤ちゃんが搬入されました。
石狩浜で動けなくなったところを保護されたそうです。

ゴマフアザラシといえば、漫画「ゴマちゃん」で特に有名になりましたね。北海道には、数種のアザラシが生息していますが、われわれ北海道民が通常の生活の中で、野生のアザラシに出会うことはまず考えられません。

しかし。実はゴマフアザラシの赤ちゃんの保護→搬入は、実はこれまでにも幾度かありました。異常事態です。

つい2年ほど前にも、全く同じ石狩湾でゴマちゃんの幼体が保護され、当院に収容され入院治療しています。

今回のゴマちゃんは、その子よりもよりさらに小さな赤ちゃん。

ゴマフアザラシの赤ちゃんは産まれてすぐには真っ白ですが、2〜3週齢で白毛が落ち、親と同じゴマフ模様になります。

なぜ真っ白で産まれるかというと、本来はベーリング海で作られた流氷の上で出産するから。真っ白な外観は流氷の上では保護色で目立ちません。赤ちゃんは2〜3週でお母さんのおっぱいを終え、親と同じように魚を食べ始めます。その頃には海に入りますのでもう白い必要はなくなるというわけなのです。とても合理的ですね。

不思議なのはなぜ、流氷のない石狩湾で保護されるかということです。海流から考えると赤ちゃんアザラシが北方から流れてきたとは考えられません。どこか付近に出産場所があると思われます。それも海岸線の陸地でしょう。数年前からゴマフアザラシの出産場所が石狩に近い所にあるのでは?と考えて、この時期に海岸線を探しています。

今回のゴマちゃんが搬入された前の日も積丹半島に泊りで調査していたのでした。しかしまだ、確定した出産場所は発見していません。ゴマフアザラシの妊娠期間は約10〜12ケ月で北海道では3〜4月に出産します。出産後には発情が起き交尾をします。その後は海岸から遠く離れた外洋で過ごします。

最近、固着個体と言って北海道の沿岸で周年生活するコロニーがあり、漁業被害の疑いがあります。私は今まで何頭かのアザラシ類の治療を行ってきましたが、その中には漁網に絡まった傷のあるものがいました。

動物園にいる個体と異なり野生のアザラシはとても臆病で、なつっこくはありません。治療しようとすると弱っていても最後の反撃か、噛みついてきます。

以前私は、R島の漁師さんが港で弱っていた真っ白いゴマちゃんの赤ちゃんを保護し、自宅で育てて無事に野生に戻した話を聞きました。

漁業従事の方もアザラシ達も共存できるようになるといいのですが…

2017年4月  石山通り動物病院  斉藤 聡

 

 

 

 

 

 












Back