東北地方太平洋沖地震から2年・・・今の福島では

平成25年5月30日

平成23年3月11日。あの悪夢の震災から2年3カ月の月日が経った。多くの人命や人々の生活が失われ、しかし現在もまだ行方不明の方が大勢いる。

メディアでは漁業を再開された方のニュースや、陸前高田市の「奇跡の一本松」保存など、被災地では被害を乗り越えて始めているかのような話が聞こえてくる。

しかし震災からの復興が叫ばれている中で、いまだに解決していない重大な問題は数多い。その一つとしてあるのが行方不明者である。

震災で失われた命は全国で1万8684人である。そして、いまだに遺体を確認できないでいる行方不明者は2,800人ほどいる。未発見者の多くは、津波にながされ命を落としているとみられている。海中での遺体捜索には限界があり、宮城県ではすでに警察による捜索は打ち切られている。亡骸すらなく心にけじめがつかず、奇跡的に助かった被災者の方も簡単には心機一転前に進むことができないだろう。なお、遺骨収集活動はボランティアや住民の有志の手によってつづけられている。

私は、震災間もないころ一般のボランティアとして行方不明者の捜索に携わった。その折、混乱の中で震災ボランティアを熱心にされておられた、現岩手県獣医師会会長の多田先生のもとを多忙中おじゃまし、先生にくっついていくつかの避難所や被災病院に同行させいただいた。その折に陸前高田で自宅と診療所を津波で流されたS先生とお会いした。S先生は仕事のすべてを失っただけではなくご両親も津波の被害にあい、行方不明のままであった。精神的に疲れ切り肩を落とされていた先生は、言葉少なにこうおっしゃった「親の亡骸を見ないうちに何もする気力は出ない、気を取り直して先に進むなんて考えられない」と。

遺骨のひとつもない葬儀もなくただ遺影を見ても、大切な家族の「死」を受け入れることは到底できないだろう。あの震災から2年3カ月の歳月が過ぎた今でも、震災直後に直面したショックからもとに戻れない人たちが大勢いる。いつになれば本当の意味で被災地に生きるすべての人が立ち直り、将来へと踏み出すことができるのだろうか。

 

今年の5月の後半、おもに原発の放射線被害から避難している動物たちを震災直後から私費で救護し、現在、福島県動物救護本部三春シェルターで動物の保護をされている渡邉正道先生を福島のシェルターに訪ねた。

見たことがある石巻の動物救護センターにあった白いコンテナが並んでいた。その日、シェルターには176頭の猫と76頭の犬が保護されている。

ボランティアスタッフは20人弱ほとんどが常勤の体制で、渡邉先生も含めご自分が避難所で暮らしている方たちもいる。

シェルターは広く大変清潔に管理され、動物の吠え声は聞こえてこない。診療室の壁に「復興の礎となれ」と手書きの紙が貼られている。

決意の言葉が心に響く。ちょうどお散歩の時間に出くわした。

スタッフたちが一頭ずつ犬に話しかけながらお散歩している姿に、スタッフたちが愛情をもって接していることが伝わってくる。

一人のスタッフに声をかけてみた。

その方は原発20km以内に住んでいたため、今は避難所の仮設にお住いとのこと。

家に帰られない悔しさで絶望の日々を送っていたそうだが、この動物救護センターでボランティアをするようになり、

犬たちに癒されているのだと話された。

渡邉先生は、大変な苦労をされて動物の救護を2年3カ月にわたりされてきた。多くの現状の問題にも話は移った。

一刻も早く元の家族のもとにもどることが、動物や飼い主のためになるとは思うのだが、

さまざまな問題が飼い主の側にもあり、引き取りに来れないことが多い。

このまま、今後もこのシェルターを運営するには限界がある。残っている動物たちも引き取られ
、新たな余生を送って欲しいと誰もが願っている。しかし、人になついていないネコも多く貰い手はつかないだろう。
「収容されているすべての動物が、元の飼い主や新しい飼い主に引き取られるというのは現実には難しい。
この施設もいつまでも預かっている動物と、それ以外に保護された動物とを一緒に飼養してはいられないだろう。シェルターとして残しながら、

今後の施設の維持費を行政・獣医師会などからの持続した支援が必要だ」と渡邉先生は話された。

震災から時が経つにつれても、被災し避難所にいる飼い主や動物を取り巻く環境はそれほど変わっていない。刻々と時が過ぎている中で、

被災者の方々の思いを風化することなく、支援する側も、支援を維持しつづける必要性を強く感じた。

 

「最後に」  2000年3月31日北海道で起きた災害がある、有珠山が23年ぶりに噴火し住民避難が開始された。避難された方々のペットを保護するための救護施設を作ろうと、有志数人で資材不足、不慣れ、時間の無さ、人力不足の中、北海道獣医師会動物救護センターをわずか三日で現地に設置し動物たちの預かりを開始した。その後多くの獣医師、市民ボランティアが支援に駆けつけてくれた。考えたことのないたくさんの問題を乗り越え、いくらかは動物たちのためになり、そして我々は多くのことを学んだ。思い出せばあれから13年も経った。そして、東北も福島も震災はまだまだ続いていることを訪れて実感した。今までの活動に対し多田先生、渡邉先生に心から尊敬と敬意を表しいたします。

 

 

福島動物救護本部三春シェルターのHPから

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災並びに東京電力福島第一原発事故に伴い、多くの住民の方々が大変不自由な避難生活を余儀なくされるとともに、多くのペットを失い、また、離れ離れに生活せざるを得ない状況となりました。

このような中、平成23年4月15日に福島県動物救護本部(構成団体:福島県・福島県獣医師会・郡山市・いわき市・福島県動物愛護ボランティア会)を立ち上げ、被災ペットを保護収容することを目的に動物シェルターを福島市郊外に設置いたしましたが(第一シェルター)、収容頭数の増加に伴い、更に第二シェルター(田村郡三春町)を開設することとなりました。

動物シェルター開設以来、各種団体はじめ関係企業、全国各地の方々から物資両面にわたり暖かいご支援を頂くとともに、多くのボランティアの方々のご援助を賜りほぼ順調に運営が出来ていることに対し、心より厚く御礼を申し上げます。

本県の災害は原発事故という特殊な事情があるため、復旧復興までには多くの時間を要するものと思われます。

また、保護されているペットは集団管理のなか多くのストレスも受けており、これらペットの幸福を考えると早急に飼い主への返還や新たな里親への譲渡を推進し、飼育環境の改善を図ることが一番かと思われますので、今後とも皆様方のご協力・ご支援を賜りますようお願い申し上げる次第であります。

この度、福島県動物救護本部ホームページをリニューアルいたしました。

これからも被災ペットの近況など随時新しい情報を提供できるよう努力をいたしますのでよろしくお願い申し上げます。

 

    平成25年1月

                        福島県動物救護本部

                         本部長 森澤 道明

 

岩手県で活動されている多田洋悦先生が代表をされている団体

被災動物支援隊いわてーSave Animal in Iwate

被災動物支援隊いわて 代表挨拶 

代表挨拶

 3月11日の東北地方太平洋沖地震とそれに伴う巨大地震が発生して以来、被災地における被災動物救護活動は、心ある方々により県内各地で積極的に取り組まれてきました。 今回の大震災は、自然災害発生時を想定するだけではなく、日常における防災施策とその実施体制を確立するうえで、想定外の対策をも深く考えるべき自然災害でした。
 さらには、動物とともに幸せに暮らしていた多くの飼い主が一瞬にしてペットロスとなる大震災の発生は、災害時だけではなく日常における「しつけ」をはじめとした動物の適正管理 の在り方についても深く考えさせられる出来事でもありました。
 発生当初に比べれば被災地域及び仮設住宅の現状は、支援に対するウオンツは少なくなってきてはいます。しかし、仮設住宅へ被災者の生活基盤が移行してからも生業による収入がな くなったことにより、「動物の具合が悪くても病院に行けない」、「仮設住宅での衛生問題及び管理上のトラブルがある」などの理由により可愛い動物を手放さなければならないなどの 問題があり、被災者のニーズは多岐に渡り、被災動物と飼い主への支援の必要性は決して無くなってはいません。
 現在も心ある獣医師をはじめ関係者のみなさんによって支援活動が継続的に行われていますが、今後も被災地支援及び動物救護活動を継続することが私ども動物愛護活動関係者に求め られています。
 このような状況の中、被災動物支援隊いわてSave Animals in Iwateは12月4日に結成され、3月に「東日本大震災岩手県犠牲動物慰霊祭」等を開催するとともに、準備が整い次第、 4月より、行政、獣医師会、愛護団体と連携を図りながら本格的に被災地と仮設住宅における被災動物にたいする支援活動を行っていきたいと考えます。
 みなさまにはSAIの被災動物支援活動に積極的な理解と参加協力をお願いし、ご挨拶といたします。

被災動物支援隊いわて 代表幹事 多田 洋悦 

 

 

写真1 廃業したパチンコ店を利用したシェルター




写真2 動物家族の会から寄贈された石巻の救護所で使用されていたコンテナ

写真3 屋根のある屋外のドッグラン


写真4 犬舎。冷暖房完備で清潔に管理されている。


写真5 右が渡邉正道先生