外来種のミドリガメ・・・今後は?

石山通り動物病院 

環境省 希少野生動植物保護員委託 斉藤 聡

特に趣味が爬虫類マニアの方ではなくとも、身近な爬虫類と言えば、ミシシッピーアカミミガメ、通称ミドリガメを多くの方がご存じではないでしょうか? お祭りの縁日では「金魚すくい」と並び「カメすくい」なるものがあって、上手にすくった名人技の方もいることでしょう。たしか1回300円だったかと思います。

昨今では縁日と関係なくゲームセンターのUFOキャッチャーにもミドリガメが景品となっていることがありましたが、「カメキャッチャー」とでもいうのでしょうか。さらにはハムスターにエサを咬みつかせて吊り上げる「ハムスター釣り」などと言うものまでありました。

このような娯楽?目的としてはたして、ペットとして本気で飼いたいという方がいるのかもしれませんが、生き物を景品にすることには、道義的にどうかなあと思った人もいたのではないでしょうか。

  実は生き物を景品にすることに関し、商業的には気になる問題がありました。生物を扱う生業として動物取扱業では十年以上前は商業としての登録のみでしたが、2006年の改正動物愛護法により、たとえ景品と謳っても法的には営利商売と規定され、営利目的で動物を扱う場合には、動物愛護法で第一種動物取扱業の審査、講習、登録などを受けなければならないと定められています。指定されている生物は、哺乳類全種、鳥類、爬虫類となっています。ということは、魚類である「金魚すくい」には法的問題はないのですが、爬虫類であるカメも哺乳類のハムスターも縁日でこれらを扱うには第一種動物取扱業の講習を受け登録し、さらに店前には登録証を掲示して、カメをすくった人に飼育法を指導する義務があり、カメを手に入れた方から説明を受けたことなどを記した書類にサインをもらうこととなっていたのです。これらを知っていた露天商の方はどのくらいいたのでしょうか。「カメすくい」だけではなく鳥類では赤色やピンク色に染められていたヒヨコの露天販売も当然この規制がかかっていました。この法律ができる以前はあまり周知されてませんでしたが、2013年の改正では、さらにペット業者のみならず飼い主にも責任や義務が強化され、販売者にはネット販売など実物を見せないまま販売する事は禁止され、飼い主はペットを終生飼い続ける責務がある事などが盛り込まれました。

  販売する側にも、動物を飼育する側にも動物と共に暮らすことに関して無責任にならないようにしたのです。

  しかし、この法律ができる以前からか、またできながらも、日本各地でこのミドリガメが遺棄または逃走などから身近に野生化しています。北海道開拓の象徴の一つとして有名な道庁赤レンガの庭の池には、たくさんのミドリガメが生息していることは皆さんご存知のことでしょう。越冬し冬眠から覚める春には日向ぼっこをしている姿が見られます。私がNPO生物医科学研究所と共に2015年4月と8月に行った目視による生息数調査では、4月10日に2個体、8月16日には12個体が確認されました。またこの時、ミドリガメ以外のカメは見られませんでした。

ミドリガメは外来種であり本来の生息地はアメリカのフロリダ州やテキサス州あたりで、場所によってはほとんど冬眠をしないカメです。本州では冬眠しない個体もいるでしょうが北海道では冬眠をして越冬しています。日本では侵略的外来生物ワースト100という不名誉な冠がついています。

  北海道では現在、条例でプレーリードッグとフェレットを特定移入動物として指定しています。飼育するには道知事へ申請を行う義務があり、届出をしていないと20万円以下の罰金が科せられます。

  そしてミドリガメのことですが、環境省では2020年を予定にミドリガメの仲間を「アカミミガメ」として特定外来生物に指定すると発表しています。

  特定外来生物と言うのは飼育も販売も繁殖も移動もすることができない生物を意味します。環境省の調査では現在日本国内で飼育されているミドリガメは110万から180万匹と推定されています(平成25年)。ちなみに同年度の犬の頭数はペットフード協会の報告でおよそ1000万頭と発表されていますので、その十分の一ですから単一種の動物としてのミドリガメの飼育匹数は結構なものと言えるでしょう。ミドリガメ問題にようやく重い腰を上げた環境省では以下のような対策を目安に掲げています。

環境省「アカミミガメ対策推進プロジェクト」を公表

○調査・計画プロジェクト
アカミミガメの生息状況や与えている悪影響、被害を受ける地域などを調査します。そしてモデル事業によって、影響緩和のための技術確立・計画策定を行います。モデル事業は平成28年度から実施される予定です。

○ 3原則プロジェクト
「入れない」「捨てない」「拡げない」の3原則のもとに、ミドリガメの飼育に対する意識を向上させ飼育下から野生にしないようにします。一度ミドリガメを飼い始めたら、死ぬまで飼育することを徹底させようというプロジェクトです。

○規制検討プロジェクト
ミドリガメの飼育が規制されるということを十分に時間をかけて周知した上、捨てられる亀が出ないよう、段階的にミドリガメの輸入や飼育に規制をかけます。

○防除プロジェクト
調査・計画プロジェクトを踏まえ、国・自治体・市民団体・個人の協力により幅広い防除を行います。これにより、野外からミドリガメを排除することを目指します。


飼育・運搬は原則禁止
  ミドリガメが特定外来生物に指定されると、飼育は原則禁止となります。法律に従って厳密に表現すると「飼養等」が禁止となり、これには運搬も含まれます。つまり野生のミドリガメを捕まえて家に持って帰ったりすることも禁止となります。 例外として、研究目的などで逃げ出さないよう 適正に管理する施設を持っている場合などには 飼育許可が降りることがありますが、ペット目的ではまず許可はおりません。実質的に飼育することは不可能になります。

飼育中の亀は届出が必要
  特定外来生物として規制(指定)される前からペットとして飼っていた個体については、許可を取った場合に限り、規制後も飼い続けることができます。その場合、規制されてから6ヶ月以内に申請を提出して許可を得られれば、許可を受けたその個体に限って飼養等し続けることができます。
  
申請方法は、環境省のHPにて外来生物法の申請ページにあります。
 
  私見;作成すべき書類が多く、マイクロチップ登録などは有料になる可能性大。結構面倒であるが、申請に関しては無料。

 

☆ 2020年を目処に特定外来生物へ指定するに際し、
環境省が提示している注意点とは。
 

○ 輸入の禁止
  特定外来生物に指定された生き物は輸入も原則禁止になります。研究目的などで飼養等の許可を得ている人以外は輸入することができません。

○ 野外放出の禁止
  当然ではありますが、特定外来生物を野外へ逃すことは禁止されています。ミドリガメが特定外来生物に指定された後で捨てたり逃したりすると、それは犯罪になります。

○ 譲渡・販売の禁止
  捨てる・逃がすこと以外に、飼養等の許可を得ていない人に譲渡・販売することも禁止です。ここまで読めば分かるように、特定外来生物に指定された生き物は研究目的など以外では入手することも禁止となっています。

○ 個体識別措置義務
  許可を受けて特定外来生物を飼養等する場合には、マイクロチップを埋め込むなど、個体識別措置を講じる義務があります。

○ 繁殖の禁止

以上環境省より


最後に;

  今になって自然環境や生物のことを考えてみると、我々はいかに生き物との理不尽な関係を作り、彼らのことを見て見ぬふりをしてきたのかと驚かされます。アカミミガメが野生化する前の生態系を取り戻すためとはいうものの、ではアカミミガメがいなくなっただけで自然は在来種の繁栄の時代に戻れるのでしょうか? それは私の大きな疑問です。アカミミガメだけのことではなく、飼育者には生き物を飼うということの重大さ、責任を自覚し、飼育の許可を得ることの責務に感じて欲しいです。何よりも、飼育を途中で投げ出すことなく、一度飼いはじめた生き物は必ず最後の時まで見届ける心が必須です。自分の意志でもなく、はるばると遠い国から人間に連れさられ、あまり良くない環境にもあったでしょう。そして、挙句の果てに駆除の対象になって悪者扱いされるアカミミガメはとても可哀想です。

  アカミミガメが人間から不当な被害を受けていることは、いたたまれなく胸が苦しくなる思いです。

  現在ミドリガメを飼育されている飼い主さんには、今後の法律の改正により暫時、不安を抱かせないよう我々獣医師より情報の提供をし、いつまでも幸せなカメさんとの暮らしができるよう支えていくようにしたいと思います。

注)アカミミガメとはヌマガメ科アカミミガメ属にあり、ミシシッピーアカミミガメ、キバラガメ、カンバーランドキミミガメをすべて含む。

Back