2011年10月、札幌市中央区にてヒグマが出没し、
藻岩山登山道および円山公園では立ち入り制限をしました。
このヒグマは母熊と子供2頭の計3頭で行動しておりました。
当院院長は約5年前からこの親熊の存在を知り、
毎年出没地点などの観察を行っていました。
成長した体格から雌であろうと推測し、
いつか子供を生むのではないかと警戒をしておりました。

そして昨年、6月頃に札幌のバンケイ地区の情報提供者から、
2頭のヒグマの目撃情報があり、その後の調査で3頭である事がわかりました。
その時点では地元の方々に山に入らないように呼びかけをしていました。
秋に入るとおそらく餌を求めてバンケイ地区や人里に下りてくると予測し、
札幌市役所区政課にヒグマ情報と安全に対する警告を連絡いたしました。
その次の週、報道にあったようにヒグマの出没が現実となりました。
出没した初日当日の夜、偶然にも私は出没地付近におりましたが、
目撃は致しませんでした。

子づれの母熊は大変危険で、また住宅街を徘徊するという
前代未聞の出来事となりましたが、幸いにも双方に被害は無く、
冬ごもりの時期となりヒグマの親子は山に帰っていきました。

私が恐れているのはこれからなのです。
今回の子熊は親の監視下にあり、また、住宅街に侵入したにもかかわらず、
人とはち合わせをしなかったために、被害が無かったと思われます。
今後、子熊は親から独立し、自分で縄張りを作り餌を求めて
行動を広げるだろうと思われます。
通常、子熊の親離れは生後一年または二冬と言われてます。
この熊の根城はおそらく風不死岳から八剣山あたりと思われます。
手稲山はすでに雄熊が縄張りにしており、豊滝地区にも別な熊がおります。
現在地理的にこの親子熊には縄張りを広げるだけの山がありません。
親離れした場合、若熊たちが再び市内に出没する可能性は非常に高いのです。

今私が言えることは、ごみの収集場所での餌あさりをされないようなことをこうじること

例えばヒグマは夕方から早朝に活動することが多いので、ごみを出す時間を日中にするとか、昔のゴミ収集車のように音楽を鳴らし、収集車が来たことを知らせながらごみの収集をするなどです。

登山道はしばらく閉鎖すべきでしょう。

恒久的には南区白川から北の沢方面に電気柵を設置する
ことです。

ヒグマが冬ごもりから覚める4月の末まであと少しです。
多くの生き物が地上に出てきます。
熊さんたちへ、どうか人里には下りてこないで下さいね。
そして人間社会には興味を持たないで下さい。

Back

 

以下に今までのヒグマの事件を掲載します。

 

★1971年〜1999年は食害事件(食痕有)のみ掲載。その他死亡事故多数。
昭和46(1971).11 北海道滝上町 狩猟男性(68)死亡
昭和48(1973). 9 北海道厚沢部町 林業男性(45)死亡 子熊を連れた母熊に40b引きずられ、全裸に近い状態で発見。
昭和51(1976). 6 北海道千歳市 山菜採り男性(54・58)2名死亡/他3名重傷 ※食痕1名【風不死岳事件】 襲われ足の筋肉部を喰われた。
昭和52(1977). 5 北海道大成町 山菜採り男性(55)死亡 
昭和52(1977). 9 北海道大成町 渓流釣り男性(36)死亡 ※上記事件と同一個体 襲われ20数b引きずられ、遺体には笹やシダがかけられていた。
平成 2(1990). 9 北海道森町 キノコ狩り男性(75)死亡 筋肉部が喰われた。
←◎参照 H8(1996). 8 ロシア・カムチャッカで動物写真家星野道夫(43)死亡 ※食害 【動物写真家星野道夫ヒグマ襲撃事件
平成11(1999).11 北海道木古内町 渓流釣り男性(47)死亡 川岸まで引きずられ筋肉部を喰われた。

★2000年以降は食害の確認が新聞記事では難しいので死亡事故全てを掲載。
平成12(2000),11 北海道平取町 狩猟中男性(73)死亡
平成13(2001). 4 北海道白糠町 山菜採り女性(42)死亡
平成13(2001). 5 北海道札幌市 山菜採り男性(52)死亡【食害】※遺体が埋められていた
平成13(2001). 5 北海道門別町 駆除男性(81)死亡  
平成17(2005). 9 北海道白糠町 無職男性(74)死亡
平成18(2006). 6 北海道新ひだか町 山菜採り男性(53)死亡【食害有力】
平成18(2006).10 北海道浜中町 駆除ハンター男性(59) ※相打ち
平成20(2008). 4 北海道北斗市 山菜採り男性(50)死亡/他2名無事【食害有力】
平成20(2008). 7 北海道松前町 駆除ハンター男性(67)死亡 
平成20(2008). 9 北海道標津町 釣り男性(58)死亡
平成22(2010). 5 北海道むかわ町 山菜採り男性(70)死亡
平成22(2010). 6 北海道帯広市 山菜採り女性(66)死亡
平成23(2011). 4 北海道上ノ国町 山菜採り男性(63)死亡 多数爪痕


札幌市内での
ヒグマの出没について
追記

2015年1月26日午後2時半ごろ、北海道東部にある標茶町塘路原野の山林で、男性作業員6人が木の枝を伐採していたところ、突然ヒグマが出現。 男性は病院に運ばれましたが、間もなく死亡が確認されました。

男性の体にはヒグマによるとみられる引っ掻き傷やかまれた跡があったとのことです。

 

大変残念なことと、心よりお悔やみ申し上げます。このヒグマが穴持たず熊であったのか、たまたま作業場の近くで冬ごもりをしていて出てきたのかはわかりませんが、今年の北海道の積雪量は地域により差があります。雪解けが早い地域では登山、沢歩き、街道筋、山菜採取にはいつもの年以上にお気を付けください。今年は子熊連れが多いはずですので危険です。

私は1月25日から2月20まで海外にいてこのニュースを先ほど知りました。

                   2015年2月28日