野生のナマケモノ



  ナマケモノと言う動物を飼いたいという
飼い主さんのリクエストで、

2014年3月に行ったコスタリカやパナマで見かけた
野生のナマケモノの写真をUPしましょう。

ナマケモノはスペイン語で 
”Perezoso“ ペレソッソ
と言います。

なんとなくらしい感がでていますね。

さぞや秘境にでも住んでいるのかと思いきや、
ナマケモノは街中でも、電柱の電線でも
いろんなところで見かけぶら下がっており、
森の中の生物のイメージとは限りません。

日中は樹木の股の中などで丸くなり、
前足で顔を隠して寝ています。

[顔を隠して寝ている時は何なのかわかりにくい]





草食性で主に木の葉を食べて
一週間に一度くらい木から降りて排泄をする以外、
ほとんどの生命活動をぶら下がったまましています。

交尾も出産も・・・・。

見かけも生活もかなり変わっていますが、
なんと変温動物でもあります。
動きが緩慢でそのうえ体温を下げ、
体に似合わずエサは1日に小皿一杯くらいの葉のみです。



[食事中のミツユビナマケモノ。しっぽはとても短い]


究極のエコ動物と言えます。
また、哺乳類は首の長いキリンでも、
ゾウでもアルマジロでも頸椎は7つですが、
ミツユビナマケモノは頸椎が9つあります。
草食動物なのに盲腸がなく、
また体毛は逆さまに生えていて毛には苔まで生えます。
外敵はジャガーや猛禽類ですが
戦うすべは持っていません。
ミツユビナマケモノは泳ぐことができますが、
おぼれているようにしか見えません。



[街中の駐車場で見かけたミツユビナマケモノ]


数年前に、当院に輸入されたナマケモノが
税関から未開封のまま検疫のために持ち込まれましたが、
木でできた大きな箱を開けて見ましたら、
中から出てきたのはナマケモノではなく

何と

アルマジロでした。


[この施設は変電設備ですが、
スペイン語で高電圧危険と書かれてありました。
そんなところで寝ていて大丈夫なんだろうか]


[寝ていたところ気配を察して
顔を出してきたけど目は寝てます]



[グアテマラのティカール遺跡]