野生動物救護セミナー2015

 私が講師を務める、
野生動物リハビリテーター協会の
第16回目の野生動物リハビリテーター初級認定講座が先日、2015年6月27日(土)と6月28日(日)に
酪農学園大学 研修館 と野生動物医学センターにて
行われました。
今回も道内を始め、京都や大阪など遠路本州から
参加された方々もいらっしゃいました。
この会では毎年数回、市民や獣医師の方などが参加される
野生動物にかかわる公開講座を持ち、
今年で設立11年目を迎えます。

油汚染事故の話や、ラムサール条約、
世界の絶滅危惧種などの話からエゾシカ問題、
身近な固有種の話など様々なテーマで
今まで語ってきました。

二日間にわたる長い講座日程ではありましたが、
お話したい内容があまりにも多いため、
それでも時間が足りません。
参加者の方々は、ほとんど缶詰状態で講義と実習をみっちりと受けられます。
そして講座の最後には試験があり、
合格すると当会の初級リハビリテーターに認定されます。
野生動物に対する皆さんの熱い思いに毎回のように
頭が下がります。

講義の内容とは、
今回は野生鳥類が主体での保護の仕方や注意点、
検査やエサの選択、リハビリーと放鳥、
関連法規、人獣共通感染症などについてでした。
実習では鳥の生体を用いた計測方や体の構造、
生きている鳥の健康チェック法と
補液の実務などを学びます。

実際に、個人の方が野鳥を飼育することは法的にできませんが、諸事情により野生に返せない場合には許可を受けて飼養することは認められています。

現実に弱った野鳥を保護し、
リハビリーをして放鳥にまでもっていくことは大変難しく、
救命率や自然復帰率は低いかもしれません。
しかし、この講座で学ぶことは、
一羽の鳥を助けることがより多くの群れや
「種」を助けることとなり、
ひいては地球環境の保全、将来に向けて人類が残す自然や、
今やらなくてはならないことを考えることにあります。

一日目の講義の様子。PCと実物の卵や巣を見ながらの説明

二日目の実習風景。参加者さんはメモを取りながら真剣です

成体のマガモを使って保定や体のチェック法、最後に経口胃チューブにての補液を全員ができるようになりました。

2011

ヒヨドリのヒナへの、さし餌による人工飼育

2011

ハシブトガラの人工巣での保護状態

コッコだあ

こんなに可愛いヒナですが、早く大きくなって野生に帰って大空を羽ばたいてもらいたいのです。


最後に:

野生動物には飼い主がいません。
病気をしても自分から病院に来ることもできません。
ペットの動物だってそうかもしれません。
人間は地球という家に様々な動物と共に住み、
人間は他の動物を利用して生きています。
動物たちを生命の糧にし、
野生動物を絶滅の危機にさらしているのも人間です。
しかし動物たちを救えるのも人間しかいません。
ささやかなことしかできませんが少しでも動物たちのために
なればとこの活動をしています。
 


 

Back