院長のスリランカ・バカーンスッ!

 スリランカは自然が大変豊か。珍しい蝶など昆虫や鳥などの種類も多く、私の大好きなカメレオンがそこいら中にいて感激。現地語では「カトゥーサ」という。北海道の8割ほどの国土面積に、多くの自然保護区が存在する。

スリランカ2へ続く
 現地の人たちと仲良くなり、自宅に招かれた。人々は現地語のシンハラ語のほかに英語を話せる人が多い。抱きかかえているのは10歳くらいの双子の女の子の片割れ。拉致したわけではないし、お金も渡してはいないゾ。あくまで親善行為。

  

Back
 野良犬ならぬ野良サルが多数いる。このサルは赤ちゃんサルに授乳中である。人がいても恐れず、また危害を加えてくることもない。餌をねだることもなく人間の存在を気にせず自然体で共存している。ニホンザルの環境・問題行動と大きく異なる生活をしている。