片翼のツバメ...イワツバメ



  

イワツバメのスズメ目ツバメ科の渡り鳥で、
日本には数種のツバメがいますが、
3月以降に東南アジアから繁殖のため渡ってきます。
日本では夏鳥ですが、西日本では越冬する個体があり
「越冬ツバメ」と呼ばれています。
巣を人家の軒下やしばしば屋内にまで入って作るため
本州では保護されることが多い鳥です。
繁殖は一年に2度行われることがあり、
同じ場所でヒナが再び巣立ちすることがあります。
食性は完全な昆虫食です。
イワツバメの脚・指には白い毛が生えているのが特徴です。

イワツバメは名前の通り、
崖などに泥で入口を作った巣穴を作ります。
また、関東では都会のビルの軒や
橋の下などにも巣を作っていることもあります。
ツバメは高速で飛びながら、
口を開けて飛んでいる昆虫を捕らえます。
ゆえに保護された場合、
エサの確保とエサの与え方が難しい鳥です。

スズメよりも小さくくちばしも小さい為、
蚊やハエなどを生きたまま給餌するのは
実際に不可能に近いことです。
今回保護されたイワツバメは
瀬棚町で8月に保護され当院に運ばれてきた巣立ちヒナです。
片翼が人の肘部分からなく、
飛ぶことはできないので野生に帰ることはできません。
今後の飼養を考えると昆虫を用意することはできず、
代用エサを考えました。
ツバメ類は8分餌以上か
胴返し(100%ふな粉のエサのこと)の強いすり餌を与えます。



☆ツバメのエサ

◎ヒナ・・・飛翔昆虫を口に入るサイズに合わせて切って与えます。トンボは大きいので頭と羽を取り切って与えます。カゲロウや鈴虫の幼体はそのまま与えられます。野生に帰ることを考え、できればミールワームは使わず自然の飛翔昆虫を与えます。

◎成鳥・・・飛びながら餌をとるフライキャッチャーと言われてますが、イワツバメは地表でバッタを取りますし、ツバメもホバリングしてイモムシを取ります。昆虫が採取できる時期はどんな昆虫でもよいと思われます。冬季の越冬するツバメの場合には7分すり餌に弱める必要があります。



☆一般的なすり餌の作成

1.与える鳥に合わせたすり餌の準備をします。

  準備するもの・・・きな粉、うぐいす粉、大豆粉、米粉、米ぬか、ふな粉、青菜の葉など。

2.各粉をよく混ぜ、少しずつスプーンで一杯づつぬるま湯を加えて溶かします。

3.植物性の鳥には青菜を擦り少しずつ混ぜます。ゆるいすり餌にするか固めのすり餌にするかお湯の量を加減します。青菜は小松菜、ハコベ、チンゲン菜などです。

4.柔くなりすぎた場合は追い粉をしてもよいですが、作り置きとするならばそのまま冷蔵庫保存します。

5.最後にはちみつ、ゆで卵の黄身、カルシウム、ビタミンなどを添加する場合もあります。




[給餌用シリンジを用いてすり餌を与えています]


自力で食べるように仕向ける為、置き餌をピラミッド状にして皿にのせ、その上に昆虫の粉末をのせます。
初めのうちは自力では食べませんが、
ツバメは人にとても慣れやすく
手乗りになって餌を食べてくれます。




人工餌の自食に成功したので今後は病院の一員になります。



[丸い顔で何とも可愛いですね]