みなさま、新年あけましておめでとうございます。

2014年、今年の干支はウマ。馬はサラブレッドが駆ける姿を想像すると、俊敏なスピード感に満ち溢れた年になるのかなあと妄想をしています。

ウマは生物分類学上では奇蹄目、ウマ科でサイやロバが同じ仲間です。
ちなみにウシは偶蹄目で、ヒズメは二つに分かれて存在します。
奇蹄目とは文字どおりヒズメが一つしかありません。
このたった一つのヒズメはヒトでは第三指に相当する部分です。
ということはウマはなんと中指だけで立っていて、疾走しているということなのです。
これは進化の過程で、草原などの比較的柔らかな地面を駆けるときに、一つ指の方が体重を支えて走る時に、推進力を分散させずに済むからと考えられています。
日本在来種にはトカラ馬というポニーと同じ小型の種がおり、天然記念物に指定されています。

ウマという文字は馬とも午とも書きます。
昔は午の刻は昼の十二時前後を言い、午の方角とは南を指していました。

どんな年になるかのか夢を見てみましょう。
夢を食べるといわれるバク「獏」という動物もウマと同じ奇蹄目ですよ。

2014、干支は馬。

  

Back