「渡島大島」日本最大の無人島における環境調査                    実施20077-8月

 

石山通り動物病院  斉藤 聡

はじめに

北海道の南端松前町から60km沖合いの日本海に位置する渡島大島は、周囲を断崖で囲まれた人を寄せ付けない日本最大の無人島である。 この島は250年前に大噴火を起こし、北海道沿岸で約1500人もの死者を出したランクBにあたる活火山でもある。海底火山が海から空に向かって突き出た、槍先のような形をしているこの島には、河川や湖などの水がまったくなく、また地表は溶岩や火山礫が覆い黒土はない。樹木と呼べるものは無く中低層植物が茂るのみである。

現在も井戸や湧き水もなく携帯電話は圏外で、電気も水道もトイレも当然ながらない。訪れる人はなくそれゆえに究極の無人島である。

この島はわが国最北端のオオミズナギドリCalonectris leucomelasの繁殖地で、島全体が天然記念物に指定されており、環境省と文化庁の許可がなければ上陸はできない。今回斉藤、渡邊の2名は絶滅に瀕しているオオミズナギドリの危機を調査し、個体数回復に向けた問題解明と移入動物の実態・疫学調査を研究のテーマとし渡島した。

その1

オオミズナギドリは日本産ミズナギドリ類中最大で、日本では京都府舞鶴市冠島や、東京都御蔵島で多くが繁殖している。特に冠島では年間数万羽がオーストラリア方面から春になると渡って来る。 過去には渡島大島でも空が暗くなるほどの群来があったと伝承が残っているが、現在では年間百数十羽が渡ってくるに過ぎない。   渡島大島は無人島であるがゆえに人工的な要素が少ないことまた、地理学的に、西太平洋最北の繁殖場所として貴重な存在である。  なお、オオミズナギドリのRDBランクは絶滅危惧種(Cr)となっている。

過去の調査により、オオミズナギドリは火山活動や、食用など人による乱獲により減少したとされているが、最近は人により持ち込まれたアナウサギが鳥の巣穴を占拠することや、ウサギの採食による植物相の変化と巣穴による地形の崩壊、またドブネズミが親鳥や雛、卵などを捕食することも繁殖の妨げになっていると報告されている1)

これらのことを踏まえ、島の地形・環境を調査しドブネズミの食性や寄生虫など疫学調査を目的として捕獲を行うこととした。

なお、この島は島自体が天然記念物に指定されており渡航に際し、環境省および文化庁長官の許可を得ている。

1.「船から見た渡島大島全景」江良漁港からは漁船をチャーターしてのみ渡島可能で約3時間を要する。渡島小島を過ぎると海から突き出た山のような島が見え始める。最高峰は732mで海抜では日勝峠とほぼ同じ標高である。

2.「一次キャンプ地の北海道開発局の飯場」難破船の緊急避難港を10年かけて建設中であるが現在はまだ使用されていない。

3.「漁船から荷揚げする大量の荷物」調査機材や二人分の飲食物など3週間分。

4.「島の注意看板」島への上陸許可を得るのは非常に難しい。

5.「島の景色1.屏風岩」溶岩がゆっくり流れ固まってできた奇岩。

6.「島の景色2.窓岩」火山性の岩肌にわずかに植物が茂っているが、草が生えていない地表はもろく、降雨により土石流となって崩れ落ちる。アナウサギが掘った裸地がその引き金になっている。

7.「渡島大島の植物―ツリガネニンジン」

8.「渡島大島の植物―ゲンノショウコの花」島には固有の植物はほとんど無く、北海道本島で一般的に見られる植物が多い。

9.「海岸線」島周囲の海岸沿いは急な崖になっており、常に落石がありかつ、徒歩で島を一周することは出来ない。

10.「弁天岬」断崖絶壁が海底にまで続く荒々しい地形。海岸からわずか50m沖で水深100mに達する対馬海流の中にある。

11.「ドブネズミの巣穴」アナウサギの巣穴もドブネズミは利用しているが、本来は入り口が小さい深さ70cmほどの横穴を作る。

12.「トラップで捕獲したドブネズミ」大きいものは体重400gもあるドブネズミ。越冬した個体は約30%でほとんどが1才令未満である。難破船から逃げて島に定住したという説が有力である。

13.「ドブネズミの解剖」身体計測後、採血と内臓の検査をし、検査を行うため固定液に入れ生体を含め60個体以上を持ち帰った。

その1(前編)では渡島大島についての概要を主に紹介した。後編ではオオミズナギドリの営巣地を紹介する。

「渡島大島」日本最大の無人島における環境調査 その2

その1では主に渡島大島の植物や地形、捕獲したドブネズミについて説明を行った。その2ではアナウサギとオオミズナギドリの営巣場所について説明する。

アナウサギは1938年、毛皮採取などを目的として人為的に13頭が放たれたのが最初であるとされている。その後、自家繁殖し島に定着するに至った。江良の古老の話によると1950年頃には1万頭くらいのアナウサギが生息していたらしい。20078月現在の生息数はアナウサギの習性や季節、地理的な条件から正確な算定は大変難しいが、数百から二千頭の範囲ではないかと思われる。実際に海岸線からも多数の糞が認められるが山の斜面から山頂に至るまで多数散在しており、場所によっては糞尿臭が鼻を突くような高密度生息場所もある。アナウサギの移入により固有の自然を壊されている同様の島には熊本県牛深大島や石川県七つ島がある。七つ島は平成15年に環境省から特別保護地区に指定され、現在アナウサギによる植物相の被害を防ぐためにすでに駆除が行われている。しかし渡島大島には平地がなくほとんどが断崖または急斜面で構成されているため、人が追いかけてウサギを捕獲することは困難である。そのためアナウサギ駆除の方法とそれに伴う環境へ与える悪影響について論議せねばならない。

島南端にある東風泊(ヤマセドマリ)では過去の調査でオオミズナギドリの巣が確認されている。本調査でもその周辺を重点的に調べ、20ほどの巣穴を認めたが巣穴は奥深いため、卵や雛は確認していない。また、巣穴の中には明らかに鳥が利用しているものではなく、アナウサギが住処として占拠し、糞が散在しているものも多くあった。

オオミズナギドリは日中、海上にいるため巣穴への飛来は夕方から夜間にかけてであるが、午後9時までに東風泊の営巣場所への飛来は一羽も確認できなかった。早朝5時頃には北風泊(アイドマリ)にて調査期間中、個体識別不能であるが成鳥7羽の飛翔が確認できた。そのうち6羽はつがいと思われた。

感想;

渡島大島のように苛酷な環境にある天然の要害とも言える地において、人為がもたらした自然破壊を目の当たりにした。オオミズナギドリ存亡の受難は始めから人によって引き起こされたものであるが、今後、この島からオオミズナギドリがいなくなることの無いよう保護対策を早急に必要であると感じた。             本調査結果を松前町教育委員会および北海道庁自然環境課に報告するが、関係部署から環境省に島の現状を説明し、早急な保全対策の実施を働きかけてもらいたいと思う。

14.「ハヤブサに仕留められたアナウサギ」島内調査中に偶然発見したアナウサギの死体。島のウサギはペットと同じアナウサギ種で毛色もさまざまである。大変警戒心が強く捕獲するのは困難である。

15.「アナウサギの巣穴と糞」海岸から山頂まで無制限に掘られた巣穴。多いところでは1uあたり200個以上の糞が見られた。

16.「アナウサギの糞」新しい糞と古い糞が混じり島のどこにでも見られる。場所によっては糞尿の匂いが鼻を突き、相当数の生息が示唆される。

1.「オオセグロカモメの巣」切り立った断崖の海抜100mほどの高さにある。すでに雛は巣立ちの後である。

18.「オオミズナギドリ繁殖場所」東風泊の断崖上にあるスロープの岩場にかつての大営巣場所がある。ここでも多くのウサギの姿が見られる。

19.「オオミズナギドリの巣穴」東風泊斜面、岩の隙間に作られているが奥は見えない。鳥を刺激しない配慮で巣穴の中は調べなかった。

20.「オオミズナギドリ」北風泊で確認された成鳥。

21.「危険な崖の調査」垂直に切り立った断崖をザイルに命を託しての探査。背後の海岸は真下に落下すると200mはあるであろう。

後記;この島にはおそらく今後も人が住むことは無いであろう。この厳しい環境の中で長い間生息していた生命が、今、まさに滅びようとしていることを一人でも多くの人に知ってほしい。




Back