リクガメ類では背中がぽっこりと盛り上がったカタチ、ヌマガメなど半水棲のカメではペタッと平たいカタチをしています。これは生活する環境に合わせてそれぞれが進化したためなのです。

 ほとんどの半水棲種の甲羅は速く泳ぐため、あるいは泥の中にスムーズにもぐりこむために流線型となっています。逆に、陸棲種の甲羅は潰されても壊れないように盛り上がるように進化しています。

守りの鉄人!? 甲羅のために、カメは走ったり跳ねたり空を飛んだりすることはできず、形も限定されています。カメは決して、生物の進化の舞台で、中生代の恐竜や新生代の哺乳類のような目立つ役割を担ったことはありません。しかし甲羅による専守防衛が効を奏し、地味ながらも2億年の歴史を着実に生き抜いてきているのです。

 その甲羅が存在することにより、カメの天敵は非常に少ないことが知られています。それにより非常に個体の生存率が高くなっており、ゾウガメではほぼ確実に200年生きたとされる例がいくつかあるようです。

 日本でも一般的に見られるクサガメでも、45年生きたとされる例があるようですから、非常に長生きな種であることは間違いないでしょう。

 カメは万年、とまでは行かないにしても、きちんと飼育すれば一生をともにしてくれるベストパートナーになってくれるかもしれませんね。カメは文句の一つも言いませんから・・・。

以上、カメという生き物についての駆け足での紹介を終わりとします。




次回以降はカメ目の中での細かな分類、飼育上での注意点、など徐々に「飼う」といった方向に向けてご紹介をしていきます。

     クリックでvol.2へ!

カメについて深く知ろう! Vol.1

はじめまして。このページでは、
カメという生き物について
少しずつ掘り下げてご紹介していきます。
今回は、「カメ」がどんな生き物なのかという、少し大きなくくりでご紹介します。

大昔から変わらない!?

カメ類は中生代三畳紀後期(約2億2,000万年前)に初めて化石記録に登場します。三畳紀のカメ類でも、現在のカメとほとんど遜色のない形態をしており、誰がどう見てもカメ!と認識できるはずです。カメの進化は非常に早いスピードで行われたため、その中間となる種(要はカメの出来損ない・・・)が出現しなかったとされています。

当時のカメは現在と違い、頚部の柔軟性が無く、カメ特有の「首を引っ込める」動作が出来なかったようです。しかし白亜紀に差し掛かるとその能力を持つようになります。
 
 さらに当時のカメの甲羅は非常に分厚くごつごつしており、重量もかなりあったと推測されています。現在ではより軽量化された甲羅を持つものが多くなってきたのは、進化したから、なんでしょうね。

ちなみに、今から6500年前に中生代が終わり、恐竜類や翼竜類、あるいは魚竜類や鰭竜類など、中生代の表舞台を彩った爬虫類たちが大量に絶滅しても、カメは変わらず存続してきました。どれだけカメという生き物の生存能力が強かったかが伺いしれます。

 カメの最大の特徴はやはり、甲羅を持つ、という点で間違いないでしょう。甲羅とは皮膚が角質化して硬くなったもの、という認識をされている方も多いかと思います。しかし、実は甲羅というものは肋骨が進化したものであり、皮膚よりも骨に近い組織とされています。一体形成の甲羅がまず形成され、その上に皮膚が角質化して張り付き強化しているのです。
 
カメも人間と同じく肩の骨や腰の骨を持っていますが、これは甲羅の内側にあります。この骨が内側で腹甲(お腹側)背甲(背中側)両方を支えるために、大きな動物に踏みつけられてもびくともしない、という強度を保つことが出来ているのです。

このような多層構造のよろいを持っている動物はカメ以外には存在しません。

カメは爬虫類?

 みなさんご存知だとは思いますが、カメ目は爬虫類に属します。鱗がある、というのが爬虫類の定義ですから、カメにももちろん鱗があります。
 正確に言いますと、爬虫網の中にカメ目・有鱗目(トカゲ亜目)・有鱗目(ミミズトカゲ亜目)・有鱗目(ヘビ亜目)があります。カメ目には13の科、75の属、種としてはなんと244種類!も属しています。爬虫類ゆえに外温(変温)性であり、食物の摂取による産熱ではなく環境の温度により体温を維持するという特徴を持ちます。それにより食物の少ない環境でも生息できるのです。この「外温性」という性質は飼育する上でも非常に重要な点となります。

Back To Panf
大昔から変わらない!?
最大の特徴!