みなさんは、家族の一員である愛犬・愛猫にどのように食餌を選んでいますか?

ペットショップや量販店には、実に様々な種類のフードが並び、迷うことも多いと

思います。 そこで最低限知っておきたいフードの選び方を紹介します。

   それぞれの年齢に合ったフードを選びましょう。 また肥満しているワンちゃんや猫ちゃんにはライトや肥満用のフードも市販されています。

   フードパッケージには、「副食」「一般補助食」「総合栄養食」などの記載があります。「AAFCO(米国飼料検査協会)」の基準をクリアしたもの、「総合栄養食」と記載されたものを選びましょう。 それらのフードは、動物に必要な栄養素を科学的データをもとに基準を定め、そのフードのみで全ての栄養素を満たしているという、最低条件をクリアしているといえます。

2009年現在日本では、ペットフードの品質や安全基準を監視する法律は確立されていません。 副食や、一般補助食などを主食として与え続けるということは、栄養バランスの偏った食餌を与え続けているということです。

じゅうぶん気をつけましょう。

   またパッケージに、原材料や成分表が明記されているものを選びましょう。

原材料に「〜など」とあいまいなもの、また「副産物」と記載されているものは

避けたほうがいいでしょう。

そして、注意したいのは「添加物」です。人間の食品には使用不可とされている物質が使用されていることもあります。

 危険な添加物  ・BHA(ブチルヒドロキシアニソール),

        ・BHT(ジブチルヒドロエキシトルエン),

           ・硝酸ナトリウム

   以上の添加物には、発ガンの危険性があります。(ただし、ペットフードにおいて

   添加物の表示は任意となっています。)

  ワンちゃんやねこちゃんが、喜んで食べる食餌が良いフードとは限りません。

  飼い主さんが正しい知識を持って、最良のフードを選んであげましょう。  








Back To Panf
動物のごはんのお話