尿検査
Back To Panf
元気になりました!
直接法はうんちを直接スライドガラスに乗せて見る方法
浮遊法はスピッツでうんちを溶かし、スライドガラスに乗せ、
主に
寄生虫などを見る方法です
ワンちゃんが 下痢をしました                         

糞便検査をします
5)糞便検査の流れ
寄生虫発見投与
 (糞便検査には、直接法と、浮遊法があります)

1)糞便検査って

うんちは、おしっこと同じで毎日必ず出るもの。なので、ワンちゃん、ネコちゃんの体を傷つけたり、痛みを与えることなくとることができます。

そんなうんちを顕微鏡などで調べ、色々な情報を得る検査のことを糞便検査といいます。

注射・薬を投与
顕微鏡で見ます

4)うんちは、どんな方法で取って、どう保存すれば良い?

うんちをした後すぐのなるべく新鮮な便が良いでしょう。すぐ検査をする事が難しい場合は、密封容器に入れて、冷蔵庫等の低温で保存しましょう。

出来る限り、うんち以外のもの(砂・土・石・草など)が混じらないように、気をつけましょう。うんちの中にもともと存在したものなのか、とった時に、混じってしまったものなのか、わからなくなってしますからです。

3)どんな症状が出たら糞便検査をした方が良いの?

主に下痢など、うんちに異常がある時です。

病的な状態になると、正常な便よりも悪臭を帯びる傾向があります。

腐ったような臭いや、生臭いような臭いのする場合は、検査をしてみると良いでしょう。

また、うんちの色も正常なうんちでは、黄褐色ですが、白っぽくなったり黄色くなったり、粘土様になったりする場合も、検査してみると良いでしょう。

ただし、個体により、正常便は異なり、フード量、フードの種類、ペットの体重、年齢種類等によってうんちの量、色なども違ってきます。

2)糞便検査でどんなことがわかる?

糞便検査では、様々な腸管内寄生虫の検査が出来ます。又、寄生虫以外にも、消火器系における消化吸収の状態、腸内細菌のバランスやある種の疾患の有無を知ることが出来ます。

うんちによる抗体検査として、パルボウィルスや、エキノコックス等の有無も、検査センターに出す事によって知ることができます。

SPACE