尿検査

6時間未満の尿で冷蔵保存していれば、検査する事ができます。その時飼い主さんは、いつの日の何時頃とれた尿なのかしっかりと伝えましょう。

室温で放置していたり、6時間以上たったおしっこは、尿のphというもの(ワンちゃんネコちゃん弱酸性〜中性)がアルカリ性に変わってしまうので、正しい情報が手に入らなくなります。

ワンちゃん、ねこちゃんが自然にする尿が一番検査しやすく、調べる上で正確な情報を手に入れる事ができます。病院では、紙コップや、ウロキャッチャーなど、おしっこを取るための道具があるので、気軽に相談してください。また、どうしてもおしっこが取れない時は、ペットシーツを裏返しておいたり、トイレに砂をしかず、新聞紙などの紙を細かくし、吸収する前にコットンに染み込ませる。砂を最小限にするという方法もあります。

おしっこの取り方!

・おしっこに混じっている。 

・おしっこを出しずらそう落着きがない。

・おしっこの量が少量。または、大量

・陰部をなめる。トイレの回数少ない、もしくは、頻繁

このような症状がある時は、早めに診てもらいましょう。ちなみにネコちゃんが泌尿器系の病気が多いのは、お水を取りたがらない動物という事でもなりやすいからです。なので、水飲み場を増やしたり、トイレを清潔にするなど、ワンちゃんはもちろん特にネコちゃんもトイレに行きたくなる環境を作る事が大切です。
(トイレを静かな所に置く、おしっこ・うんちをすぐに片付ける)

おしっこ検査を知ろう!!

最後に

どんな時におしっこ検査したらいい?
どうしておしっこを調べるの?

このように、おしっこは様々な情報を教えてくれます。
ワンちゃんネコちゃんの様子がおかしいと思った時はもちろんの事、定期的な検査をおすすめします。大切な家族を守るのは、飼い主さんの愛情ある観察と異常を感じた時の適切な判断です。

 おしっこを調べる事により、腎臓・尿管・膀胱・尿道の異常を知る事が出来ます。

 (おしっこがあれば1520分ほど調べられるよ☆)

Back To Panf
おしっこの保存はどうする?

SPACE

ワンちゃんネコちゃんに例え症状がなくても、おしっこ検査で体の異常が見つけられます。

体の中にどんな異常があり、どこが異常なのかをイチ早く発見できます。

おしっこを見てわかる事は?

おしっこを遠心し沈渣を見る時に使う遠心機)

(おしっこの状態を測定する機械)