ではでは
その歯石の元はというと・・・

歯垢(プラーク)です!テレビなどで聞いたことがありますね☆
実は歯垢の、約80%に細菌が含まれているんですよ!!

歯石になってしまうと、いくらこすっても、歯みがきしてもとれないので、まだ固くなる前の歯垢の状態で取ってあげることが一番大事なんですね。

そんな細菌だらけの歯垢が固まった歯石さんたち。

少量であれば臭いもそれほど気にならない程度ですが、だからといってそのまま放置しておけば、歯石はどんどん増えて臭いもキツクなります。

さらには細菌たちがだす炎症物質により、歯ぐきは腫れて出血したり、いずれは歯が抜け落ちてしまうことも。

ここまで進んでしまうと重度の歯周病という、れっきとした病気といえます。


歯周病の怖さはそれだけではありません!

歯周病の原因菌は血液にのって全身を巡り、心臓病や腎臓病など、内臓の病気を引き起こす原因になってしまうのです。

でも大丈夫!!

そんな恐ろしい病気を防ぐ方法が!!!

そう!今回のテーマである「歯みがき」ですね☆☆

なんて、簡単に言うけど・・・

歯みがきって、いざやろうとするとなかなかうまくいかないもの・・・


我が家のアイドルのヨーキーちゃんも、とっても嫌がるので、よくわかります・・・

仔犬の頃から少しずつ慣れさせておけば、今ほど嫌がりはしなかったと思いますが、

気付いた時には、すでに歯石がついていました・・・

でも、継続は力なりという言葉があるように、やろうと思う気持ちと毎日の積み重ねがなにより大事!今から始めても遅くはありません!!


でもでも、すでに歯石になってたら、歯みがきしても取れないって、言ってたし・・・


なら、今さら始めたって、意味がないんじゃ?
と思った方!

歯石がついてしまった子達も歯みがきをしたほうが良い理由はちゃんとあるのです!!


ついてしまった歯石は、通常の歯みがきではとれないけれど、今以上に増やさないということもとっても大事なこと。

歯石がたくさんついている場合は、大体の子は全身麻酔をかけて、歯石除去の処置を受けなくてはなりません。

最近の麻酔は、昔に比べてかなり安全になりましたが、それでもストレスやリスクはゼロではありません。

一度キレイにしても、何もしなければまたすぐに歯石はつき始めます。

また病院で取ってもらえばいいなと思わず、かけなくて済む麻酔処置はできるだけ避けてあげたいものです。


さぁ、ここまで知識を深めたら、次は行動に移す番です!
難しく考えず、楽しみながら歯みがきしてみませんか?

後編に続く…
Back To Panf
重度歯石付着
軽度歯石付着
尿検査

皆さん、こんにちは!
今日は「歯みがき」について、ご紹介したいと思います。

皆さんのお家にいるワンちゃんやネコちゃんなどの動物達、お口は臭くないですか?
臭いがあるとすれば、すでにお口のトラブルを抱えているかもしれません!

そのお口のトラブルについて少し勉強してみましょう!

まず、飼い主さんが気付きやすい「口臭」
臭いがひどくなれば、飼い主さんの悩みになることも少なくありません。

では、その臭いの元はというと・・・


歯石なんです!

歯石とは、歯に付着した歯垢が唾液中のカルシウムと反応して固くなったものをいいます。

Back To Panf

SPACE