仮巣の作り方・・・保護雛の場合

 北海道でもようやく木々の芽が萌えて春らしくなりました。これからシベリアに旅立つ鳥を見送り、そして南方から渡ってくる鳥を迎えます。初夏にかけて留鳥も渡り鳥も基本的には昨年と同じ場所で巣作りをし、産卵、育雛、そして雛の巣立ちを迎えることでしょう。本州の人家ではツバメ類の巣が最もよく見られ、雛たちの餌をねだる声がにぎやかに聞かれますが、北海道ではツバメの種が異なることもあり、道南を除きあまり人家に営巣することはないですね。

とりわけこの季節は最も野鳥が保護される時期となります。多くは巣立ち雛だったり、親を失った雛たちです。保護された雛のほとんどが低体温症に陥り、脱水症状を伴っていて見た目よりも重症です。巣立ち雛が保護される場所は、自宅の軒先から落下した場合や、樹木の下の草原などでしょう。雛の場合には保護して直ちに処置を開始しないと救命は難しくなります。私の経験上の印象では、一晩無処置もしくは屋外に一羽でいたような雛の場合は半数ほどしか助かりません。





↑2016年、道南の「道の駅」入り口に設置されていた巣で産まれたツバメの雛が可愛い。身を低くして隠れようとしているのがわかる。




ここで参考として雛の保護時に用意する簡単な巣の作り方を説明しましょう。

・人工巣の目的は、第一には保温です。カイロのようなものを周りに置いたり巣の下に敷いたりします。熱源としてはお湯を入れたペットボトルや、使い捨てカイロ、特に保冷剤を電子レンジで温めたものは優れものです。温度は雛の体温を成鳥に準じた41度を目安としたとして、熱すぎないような温度で考えてください。

・第二には、雛が身を隠せる形状で安心できることです。人目につきすぎないことは外敵に対するストレスを軽減でき、野生の本能を失わせないためにもなります。周りで世話をする人間を安全な生き物と思われては、放鳥後に危険に対する本能を持たなくなるおそれがあります。

寝床は市販のツボ巣でもいいですが汚れます。カップラーメンの空いた容器のようなものだと使い捨てができて利便性が高いです。そしてその中に保温に適し、柔らかく身が隠せるような材料を敷きます。割いた新聞紙でも構いませんが、タオル生地は雛の羽や爪が引っかかるのでお勧めしません。

・第三には、敷物と雛の排泄物の処理です。元気な雛の食欲はものすごく旺盛ですので、排泄物も多量です。羽に付着しないことと排泄したら速やかに処理できるように工夫します。たとえば、敷物をキッチンペーパーにすると尿で濡れても溶けず身体に付着しませんし、汚れた部分は切り捨てると手入れは簡単です。また保温にもなりお勧めです。

巣の準備ができたら次に巣自体を入れる容器を用意します。羽が生えていない雛では体温が下がりますので、巣自体が入る容器の中に保温剤を入れて収納します。空気穴は必要です。段ボールでも構いませんが中が見えないので、側面に窓を作ってのぞけるようにします。鳥かごでもよいですが、天井と四側面のうち三面を布などで隠したほうがいいでしょう。

小鳥の雛の飼養では、科、属が異なっても作る巣の用意はそれほど変わりません。巣の準備ができても、自食のための餌の準備や、強制給仕、飲水などすることはまだまだあります。正しい放鳥に向けて決して馴化させることなく見守ってあげましょう。

ただし、猛禽類や成鳥の場合では、鳥の種類によって適宜、方法が変わります。                

 斉藤 聡


写真1  孵化中のウミネコの卵。ノネコやキタキツネのいる地面に営巣していた。


写真2  孵化したての雛。目は開いているが羽はほとんどない状態

 


写真3 アルミケースに壊れ防止用の緩衝材を敷いた人口巣の例

 
写真4 カップラーメンの空き容器にキッチンペーパーを詰めて作った人口巣。
    ヒヨドリの雛の給餌中


写真5 ふごを利用し干し草を敷き詰めた人口巣。ハシブトガラ

 

写真6  シリンジにての給餌中のマヒワの雛




写真7 こんなかわいいケーキを見つけました。可愛くてとてもたべられません!


石山通り動物病院
中央区本院     〒069-0819 札幌市中央区南17条西10丁目 Tel:011-563-9976
  
野鳥保護活動