コミミズク

札幌市から市民の方が保護したコミミズクの救護依頼があり収容されました。
コミミズクはフクロウの仲間で夜行性ですが、昼間も活動するので目にする機会の多いフクロウです。
顔盤がはっきりしていて、羽角(耳のように見える部分)が小さいのが名前の由来となっており、英語名でもshort-eared owlと呼ばれています。

日本には冬季にシベリア方面から渡ってきます。
河川敷に多く昆虫類を主に餌とする肉食鳥で、足指にまで毛が生えているのも特徴の一つです。

保護されてから食欲も旺盛でブタのレバーを主体に、解凍マウスを与えています。
主翼に怪我があり野生復帰は時間がかかりそうです。
野生の猛禽類はとても飼育が難しく、人になつくことはありません。
動物園などでイベントに使われているフクロウはヒナの時から飼いならせれ、また、おとなしい性格のメンフクロウという外国産のフクロウが多く使われています。









コミミズクちゃん




 


石山通り動物病院
中央区本院     〒069-0819 札幌市中央区南17条西10丁目 Tel:011-563-9976
  
野鳥保護活動