野鳥保護活動

先日、野鳥がある学校内に迷いこんでしまい、身動き取れなくなっているところを保護され当院に運び込まれました。大きな外傷はありませんでしたが、建物の中でパニックになって壁や窓にぶつかり脳震盪を起こしてしまったようです。

その野鳥は、センダイムシクイ。小柄ながら、とても魅力的できれいな鳥です。今回はそのセンダイムシクイについてご紹介したいと思います。


『センダイムシクイ』

Phylloscopus coronatus
Eastern Crowned Leaf Warbler
スズメ目ウグイス科
全長:約13cm

夏鳥として九州以北に渡来し、北海道でも夏の風物詩の鳥です。
平地から山地の林などで見られます。

渡り期には市街地の公園や街路樹などでも見れます。
基本は昆虫食で昆虫類やその幼虫、クモ類、ときには木の実も食べます。

属名Phylloscopusは、

ギリシャ語のphullon(木の葉)とskopos(番人)からなります。

いつも木の葉を調べて、昆虫などの食べ物を探している生態によります。

さえずりはチョチョビーと聞こえ、

このさえずりから名前が
歌舞伎の先代萩から鶴喜代姫君と聞きなしたという説と、

チョチョというさえずりからチヨムシクイと呼ばれ、

千代虫喰が誤読されてセンダイムシクイとなったという説があります。

 

スズメよりずっと小さいムシクイの仲間の鳥。

体の背側は暗緑色で、腹側は灰白色。白色の細い眉斑の他、頭頂に細長い淡色斑があります。
横枝に止まり、葉や小枝につく虫をさがして食べます。

さえずりは目立つ場所に止って行なうことよりも、

樹中の枝にとまりながら、あるいは移動しながら歌うことが多いです。


海外にも同種が存在し日本では夏鳥として渡来します。

北海道から九州までの山地、低山地の、主に落葉広葉樹林に生息しています。

 

囀りを日本語に置き換えた表現(聞きなし)として

「焼酎1杯グイ」「鶴千代君(つるちよぎみ)」があるのですが、

「ショウチュウイッパイグイー」はそのように耳を傾けないと・・・しかしグイイ~のあたりはそのように聞こえますよ。

 

当院に保護収容されたセンダイムシクイは、

幸い大きな障害もなくすぐ回復してくれました。

栄養たっぷりのミールワームを一生懸命についばみ、

数日後元気に野生に帰って行くことが出来ました。

ちょっとハプニングもありましたが、

どうか健やかで、また来年も北海道までいらっしゃいませ。





石山通り動物病院
中央区本院     〒069-0819 札幌市中央区南17条西10丁目 Tel:011-563-9976