マックくん♂10才
病院の出来事


 マツカサトカゲ(Tiliqua rugosa)は雑食性のトカゲで、与えればたいていの物は何でも食べ、飼育条件もそれほど厳しくなく比較的初級者用の爬虫類です。 コオロギが大好物で、ピンセットでつまんで与えるかコオロギの片足をとって与えます。 ツチノコが本当にいるのならこんな形なんだろうなと思わせるような体型で、とてもおとなしくかわいい顔をしています。

  今回の病気は、爬虫類全般でよく起こる総排泄腔脱(人の脱肛のような物)を起こしたマツカサトカゲをお見せします。 鳥類や爬両生類は直腸からつづく肛門と腎臓から続く尿管が、同じ穴から排泄のため出てきてこれを総排泄腔と呼んでいます。この部分から便と尿が一緒に排泄されます。ですから多くの場合、うんちとおしっこが同時に出てくるのです。 この病気は、主に便秘の時や卵を持っているときにおこります。 力みすぎで穴から腸などが脱出してくるのです。人の“直腸脱”とおなじ意味あいです。 治療は、脱出が軽い場合は元に押し込みます。腸などが脱出して数日すぎている場合には本格的な手術になります。放置すれば間違いなく死亡します。 今回の患者さんは脱出して3日ぐらいでしたが、粘膜がすでに壊死(腐ること)していましたのでその部分を除去して腸を元に戻し、その後は無事に再発することなく過ごしています。

(図1)
 麻酔前の準備をしています麻酔は鎮静の注射によるものと、気化麻酔による維持麻酔を併用します。
 ちっちゃい後ろ足の間に脱出した患部が見えます。
(図2)
麻酔中で患部を切除するところです。
わかりにくいかもしれません。
(図3)
 壊死部分を切除し、出てきていた部分を元のおなかの中に戻して縫合をしてあります。
  この後は便秘を防ぐために環境の温度が下がらないようにしてもらうことや、飼育場所を広くするように指示しています。
 又、ミールワームの堅い部分をとって餌にするか、あまり多く与えないように指示しています。