マックくん♂10才
病院の出来事


  しっぽの長い生き物が偶然やわざとにしっぽ切れを起こすことは間々あることです。イモリなどは自切といって敵から逃げるときに、しっぽが自然に切れてその隙に逃げるという話は有名ですね。

 病院では、飼っているリスを飼い主さんが捕まえようとして、しっぽをつかみ、あのかわいいしっぽのないただのネズミのようになったものを連れてくる人もいます。残念ながらしっぽはくっつきませんし、また生えてくることはありません。

 しっぽが切れた場合、しっぽの皮だけがするりとむけてしまうリスのようなケースと、ぶつんとしっぽの骨ごと切断されてしまう場合とがあります。 骨が見えている場合では、髄からばい菌が入って重大な神経障害を起こすことがあるので、治療が必ず必要になります。


今回の患者さんは部屋の中に逃げたイグアナを捕まえて、狭いところから無理に出そうと思い切り引っ張ったところ、30センチほどしっぽがチョン切れたといってつれてこられた患者さんです。
  強い爪でしっかりとしがみついていたのを、無理にひっぱのでブツンです。

  ちょっとかわいそうな写 真ですが、これを見たみなさんが同じようなことをしてしまうことがないようにお見せします。

  治療は、傷面を消毒してしばらく抗生剤の全身投与と局所塗布で化膿がないか様子を見ます。その後感染しなかった場合に、尾の内側の肉と骨を少し除去し 外皮を寄せて縫合し完了です。

 ちょこっと格好の悪いイグちゃんになりました。