病院の出来事
義足のカンガルー ①
アカカンガルー

•体長:1m10cm
•体重:10kg
•性格:人懐こい、
 食いしん坊

  
病院に到着した直後の雌カンガルーはかなりの興奮状態。
動かせない後ろ肢を引きずりながら、
検査しようとする我々に必死に抵抗する姿は
とにかく痛々しかった。




[ 開放骨折したカンガルーの後足 ]






[  レントゲン画像 ]



[ 術後、24時間静脈点滴 ]





[ テーピング固定 ]




折れた骨を元通りに治そうと何度も手術を行ったが、
複雑に折れていた骨を治すことは不可能だったため
やむなく断脚。



[ 断脚手術後の様子 ]







自然界では、
片足となったカンガルーは
もう二度と自由に歩き飛び跳ねることができない。
餌にありつけなければ、それが意味するのば死゙。。。
もといた環境に戻ったとしても、
他のカンガルーとともに
日常を問題なく過ごすことが出来るだろうか?

何とか自由に動けるようにしたいという強い思いから、
ある考えが思いついた。




「義足をつけてみたらどうだろう。」


このカンガルーは、生後間もないころ
低血糖と衰弱で当院に運ばれたことがあった。
瀕死の状態から、見事な復活を遂げているのだ。
ひとなつこい性格もあり、スタッフの思い入れは強い。

まず、やってみよう。

この企画は始動したのである。
























義足のカンガルー その2へ続く




2014年7月、
とある動物園より右足を骨折した雌カンガルーが来院した。
雄カンガルーに苛められ、蹴られてしまった事が原因らしい。