2006年12月25日、ついに日本においてもカエルツボカビ症が発生しました。両生類を飼育されているみなさんは、この病気について理解を深めてください。

 カエルツボカビ症は、カエルやオオサンショウウオなどの皮膚に原因菌が感染することで発症する、両生類の感染症です。
 また感染力が非常に高く、死亡率は90%以上と言われています。中米やオーストラリアなど世界各地で両生類の減少、絶滅を引き起こしてきたと考えられています。

 いまのところ、日本では野外における発生は認められておりません。しかし、一度野外に広まってしまった場合、これを収拾する手立てはありません。

 カエルツボカビ症という恐ろしい病気が全国に広まってしまえば、わたしたちの周囲で深刻な事態となる可能性があります。

 いまわたしたちに出来ることは、病気についての理解することです。そして万一遭遇した場合、拡散予防措置を迅速に取らねばなりません。



 以下のサイトに、より詳しい情報が入手出来ます。 

カエル探偵団
http://web.hc.keio.ac.jp/~fukuyama/frogs/tubokabi/

日本獣医病理学会/日本獣医病理学専門家協会
http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/byouri/JSVPJCVP/

(社)日本獣医学会

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/

麻布大学
http://www.azabu-u.ac.jp/
WWFジャパン
http://www.wwf.or.jp/chyt2007/