1.ご主人と一緒の展開



 人間の病院では入院すると食事時間や消灯時間などがありますね。では、動物は入院中にどんな生活を送っているのでしょうか。病気のこともさることながら、ちゃんとご飯を食べたかしら、排尿排便はきれいにしてもらっているかしら、おとなしく寝ているかしら?と、飼い主の皆さんとても心配なことでしょう。
 実はほとんどの動物たちは穏やかに寝ているのです。夜間見回るときにあまりに寝入っていると、大丈夫かと思って体をゆすって起こしてしまうこともあるくらいです。
 病気のために長く入院している動物の中には、かなり重病の子もいます。重病で助かる可能性がとても低いが、最後まで奇跡を信じて治療していることもあります。そんな時、飼い主さんは何とか病気の子を励まそうと面会にきて顔を見ていかれます。
 ある時、点滴をしながらずっと病気のネコの傍らについていた飼い主さんがあまりに寂しそうだったので、院長室でその子に点滴をつなぎ、自宅でくつろぐように自由にして、付き添わせてあげました。
 私は仕事をしながら飼い主さんと雑談をし、ネコを見ながら思いました。重い病気を看病しながら何事もないかのように過ごしているこの時間は、悲しいとか病気だとかそのようなものを超越して、まるで夢を見ているようだと。普段は治療のためにケージという病室にいなくてはならないけれども、もう元気になれない子たちの最期の場所は、あたたかいヒトのぬくもりのある場所なのだと?。
 後日、私は部屋で2、3本のネコの毛を見つけました。あの子が残した形見なのか、それとも私の夢の中の幻なのでしょうか?

(2002/1/30掲載 、NO.39)


Collumn Top




2.猫だって知る お米とぎ

皆さんは一日に一度はお米を食べていらっしゃいますか?ではご自分でご飯を炊いていらっしゃいますか?最近面倒なお米とぎをしなくてもよい無洗米と言うのがヒット商品になっているらしいのですが、私は幼い時に母がお米をといでいる時の「しゃんしゃん」というお米の音が好きでした。

  動物ではお米はアレルゲン性が低く、アトピー性皮膚炎を持つ動物のフードに多く使われている原料です。そのお米離れが日本人に見られ、また最近の若い女性はお米をとぐことを知らない人もいるらしいのです。お米のとぎ方くらい知らないとお嫁にいけませんよね。

  私の知っているCちゃんというネコちゃんはお風呂が好きで、なんと飼い主さんと一緒にお風呂の湯船に入るのだそうです。普通ネコは水嫌いで野良猫は雨が降るとじっと隠れ、飼い猫はシャンプーが大嫌いなはずです。そのCちゃんは面白い特技を持っているのです。そうですお米をとぐのです。飼い主さんがおうちの晩御飯のために炊飯器の容器にお米を入れると、その音を聞きつけてどこからともなく現れ背中に飛び乗り、肩口から炊事台に降りてその縁から手を伸ばし、ちゃんと両手でお母さんがするようにしゃんしゃんとお米をとぐのだそうです。なんとかわいらしいしぐさなことでしょう。誰ですか汚いと思った人は!ネコの左手は人を招き右手はお金がくる福の手だそうですよ。とても縁起がいいのです。しかし世のお米のとぎ方を知らない女性諸君。君たちはお嫁さんに言っても猫の手を借りることになるよ!


(2002/2/27掲載 、NO.43)

Collumn Top





3.ペット思う気持ちは同じ

 先月、中国の北京に行って来ました。北京ダックを食べるためではもちろんありません。動物のはり治療を学ぶためでした。その際、中国で動物を飼育するにあたり、日本の制度とは大きな違いがあることが分かりました。いくつかあげますと、中国で犬を飼う場合、1匹あたり税金として日本円で9万円も納めなくてはなりません。平均年収20?30万円の北京ではとても高額です。また犬の外飼いは禁止で、家の中で飼うことになっています。散歩の時間も制限され、朝7時からと夜8時からの各1時間だけです。このため日中、犬を散歩させている人を見かけることはなく、道路脇に犬のふんが落ちていることもほとんどありません。しかし、犬を飼育している人はたくさんいるようで、北京では最近、動物病院の数が急増しているとのことでした。

 私が国立北京鑑賞動物病院を訪れた時、脳の病気で首が大きく曲がり、自分で歩けない犬が診察に来ていました。その犬の飼い主さんが私に「まだ若いのにこのような病気になってしまいました。治る見込みはないのでしょうか」と話しかけてきました。 私は一目見て、治る病気ではないことを感じましたが、無責任な答えを出す代わりに、曲がった首を何度もなぜてあげました。飼い主さんは「謝謝」と笑顔で礼を言ってお辞儀をしましたが、目には一筋の涙が光っていました。制度は違っても、動物を思う気持ちに変わりはないのでしょう。私は犬を抱いて帰る飼い主さんの後ろ姿を、窓から追いながら中国語で「再見」(さようなら)と心の中で言いました。

2002/03/27掲載、no.47

Collumn Top




4.足を失っても勇気失わず


 ソルトレークシティーオリンピックに続き、身障者らのスポーツの祭典パラリンピックも先月、幕を閉じました。オリンピックは記録が残り、パラリンピックは記憶が残るというそうですが、何ともいえない感動が心に残りました。
 ある番組で、年齢制限でパラリンピックに参加できなかった、両足にハンディを持つ男の子がスキーをしている姿を紹介していました。ハンディを感じさせないすばらしい滑りをしていたその子が「僕には足はない。でもかわりに勇気があるんだ」と話していたのには泣けました。
 人と動物は同じではありませんが、後ろ足1本を失ったゴールデンリトリーバーのリーバちゃんのことを思い出しました。
 リーバは3年前、かかとの腫れがひどくなったため、来院しました。硬くなったかかとを検査したところ骨にできるがんだと分かりました。私はがんであること、そしてこの子を助けるためには足を切断しなくてはならないことを、悩みながら伝えました。飼い主さんが受けるであろう心理的ショックとリーバの今後を考えたからです。
 しかし、私には説明する義務がありました。飼い主さんはショックと苦悩の中、片足を根元から切断することを選択されたのです。手術によりリーバは足を1本失いましたが、その代わりに命を得ました。  先日、年に1度の予防注射を受けにリーバは来院しました。がんにうち勝ち、リーバは3本足で自由に走り回っています。私はこの子の元気な姿を見て、自分と飼い主さんの選択が間違いではなかったと確信しました。飼い主さんとリーバの勇気をたたえたい気持ちでいっぱいです.


2002/04/24掲載、no.51

Collumn Top




.小料理店から来た友達

 「おさかな天国」という歌がはやっていますが、私はペットとして、小魚の「シロウオ」ちゃんと、サワガニの「ニカ」ちゃんを飼っています。「ニカ」は1年前、私のなじみの小料理屋でから揚げになる寸前に救出? され、私の部屋で飼われています。「ニカ」は思いがけずにグルメなカニで、いろいろな餌を与えてもなかなか食べませんでした。そんなある日、私の晩酌の甘エビを「ニカ」が欲しそうにしていたのであげたところ、小さな左右のつめで交互にちぎっては口に運び出したのです。それからは食欲旺盛になり、立派なから揚げに? いえいえ体格になってきました。でも1匹では寂しそうなので、「シロウオ」という小魚を同じ水槽の仲間に入れてあげました。「シロウオ」も、同じ店で「躍り食い」の料理として出されました。数匹は私の胃袋に消えましたが、残っているその魚の目を見ていると仏心? 獣医心? が出てきて、店の主人に頼み、連れて帰ったのです。初めは互いの狭い縄張りをけん制し、縦横20センチほどの「領地」の中で見つめ合い、何者なのか探っていました。しかし今では共存し、それまで1匹で悠々と生きてきた「ニカ」も狭い長屋暮らしに慣れたようです。私がのぞきこんでも隠れる様子もなく、「早く晩御飯くれよー」と黒く輝く飛び出た目で訴えるようになりました。 動物好きの私は、この子たちを見るだけで心が和みます。「ニカ」ちゃんとまだ名のない「シロウオ」ちゃんは私を癒やしてくれるのです。

  2002/05/22掲載 no.55

Collumn Top




6.愛犬と完走 利尻島1周

今年は冬季オリンピックにサッカーワールドカップと、スポーツの年ですね。私も今月九日、利尻島154キロマラソンに、愛犬ノワールと出場しました。

 長距離マラソンを犬と一緒に走ってみたい?そんな私の長年の願いを、マラソン大会の主催者、黒川さんが特例で認めて下さり、出場がかないました。 当日、島は雨と風のあいにくの天候でしたが、スタート後、沿道で応援する地元の人に優しく声をかけもらいました。終盤には、ほとんど足が動かない私を愛犬は頑張れと励ましてくれ、1人と1匹は8時間かかってなんとか完走しました。 出場前は犬が完走できるか心配していたのに、私の方が体力負けでした。ゴールした時には、お利口に伴走してくれたノワールに本当にいとおしさを感じました。また、自分が完走できた達成感とともに、島の人の優しさ、すばらしい自然に触れられたことを感謝しました。 マラソン大会の前日、隣島の礼文島では花祭りが行われており、許可を得てノワールと島に渡りました。礼文島はその昔、エキノコックスという犬やキツネから人に感染する病気が発生し、キツネを駆除した後、島民の飼い犬を強制的に殺処分したことがありました。しかし、40年前の悲惨なできごとを乗り越えて、現在、エキノコックスは駆除され、島の人も犬を飼っています。今も当時のことを忘れられない人もいるでしょう。犬を飼う幸せと、ペットを連れ歩くことの難しさ、そして自然の美しさと人々の優しさ?今回、両島を訪れて、そのことが今も心に残っています。

  2002/06/19掲載、no.59


Collumn Top




7.自然に返ったゴマちゃん

 小さな子供が混雑したデパートでお母さんとはぐれると、声をからして泣きます。道端に捨てられた子猫は、お母さん猫を探してニャアニャアと鳴き続けます。人も動物もお母さんから離れ、寂しくなると同じ姿で泣くのです。ママが迎えにきてくれるまで必死に鳴いて、自分の存在を教えているのです。利尻島でのこと、佐々木さんという漁師さんからいい話を聞かせてもらいました。今から6年前のある寒い日、佐々木さんがいつものように船を出し漁を終えて戻ったところ、港に何か白いものが浮いていました。よく見るとなんと、アザラシの赤ちゃんでした。驚いた佐々木さんはその子を急いで救い上げ、仕事もそっちのけで自宅に連れて帰りました。

   温めたり小魚を口に含ませたり一生懸命に看病しました。そのかいあって、その赤ちゃんは少しずつ元気を取り戻し、名前を「ゴマちゃん」と名づけました。まだ幼かった佐々木さんの子供と一緒の布団で寝て、お風呂も一緒にはいったそうです。 ゴマちゃんはいつも家族と一緒に朝早起きし、漁でとった新鮮な魚を食べてどんどん大きくなりました。そして自然に戻せるように少しずつ船で外海に連れて行き、他の仲間に合わせました。するとやがて港には帰ってこなくなったそうです。

   スコットランドで、アザラシと人の子供の交流を描いた「フィオナの海」という物語がありましたが、まるで日本版のようです。すばらしいのは、野生の動物をきちんと自然に返そうとしたことです。佐々木さんの自然に対する思いに敬服いたします。今でも沖に出ると、漁船のそばに1頭のアザラシが近寄ってくるそうです。きっとゴマちゃんに違いありません。

2002/7/17掲載、no.63

Collumn Top




8.カメ産卵の砂浜残して

 先日、日本最南の小笠原諸島に行ってきました。ヤシの木の下で浜風に当たり、慣れない暑さを避けてのんびりと過ごしました。今でも思い出すのは、白いサンゴの砂浜に卵を産みに来た、あの晩のアオウミガメの姿です。陽が沈み、浜辺が月明かりに照らし出されるころ、カメは上陸を始めました。100キロほどの重い体を必死に引きずり、70センチほどの深さの穴を掘りました。涙を流しながら1時間ほどかけて50個ほどの卵を産み、自分で穴を埋めて再び海に帰っていきました。私は始めから終わりまで約2時間、月や星明かりを頼りに、その傍らでじっと見守っていました。 ウミガメは20歳になるとようやく産卵ができるようになります。あの母ガメが卵を産んだのは、20年以上前にこの砂浜で生まれたからです。長い時間をかけ、ようやくふるさとのこの島に帰り着いたのです。つまりこの島にはそれだけ長い年月、自然を守る力があったということです。産卵の前日には、地元の人たちが、卵からふ化して生後5日目の赤ちゃんガメ200匹を、この砂浜に放流しました。しかし今、この島には飛行場建設の話が持ち上がっています。われわれの社会は、人類の発展という進化を続けています。しかし新しいものを作ることも大変ですが、今あるものを残す方がもっと難しいと思うのです。

お願いです、これ以上生命をはぐくむ自然を壊さないで下さい。今年産まれた子ガメたちが再び20年後、このふるさとの砂浜に帰って来れるようにお願いします。

  2002/08/14 掲載、no.67

Collumn Top




9.人為的原因で絶滅の危機 

 東京から南南東に約1,000キロ、アフリカのリビア砂漠とほぼ同じ北緯25度付近の太平洋上に、小笠原諸島は浮かんでいます。東京竹芝桟橋を発着するフェリーで、約30時間かけて渡る以外に渡航手段が無い絶海の孤島は、大陸と遠く隔てられてきたために生物の種類は少なく、代わりにこの島々ならではの固有の生物が存在し、「東洋のガラパゴス」と言われるほど、貴重な自然が残っています。 ウミガメが産卵に訪れ、鯨が求愛の踊りを踊る島々。最も大きな父島で24平方キロ、母島で21平方キロと小さな島に生息する希少生物の中に、アカガシラカラスバトと呼ばれる天然記念物の鳥がいます。島の深いジャングルの中で今、この鳥は絶滅の危機に瀕(ひん)しています。現在確認されている生息数は、父島と母島を合わせて10羽に足りません。 近種のリュウキュウカラスバトは既に絶滅してしまいました。野良猫による被害、人間による自然環境の変化、エサの減少、台風の影響などで数が減ったのだそうです。エサの減少の原因の一つは、昔この島に人為的に持ち込まれたアカギの木。カラスバトの好む在来植物を駆逐する勢いで増殖しているそうです。今になってこの鳥の救護や、アカギの伐採活動が始まっていますが、絶滅の危機に瀕しているアホウドリやオロロン鳥も含め、既に絶滅した鳥たちの二の舞いは、ぜひとも避けたいものです。

   われわれ人間が、いや、少なくとも地球上で自分が、生きている間に、一つの生物種が滅びてゆくことや、その原因が自分たち人間の仕業のためだと思うと、自分自身の胸が締め付けられる思いがします。
                          
2002/09/11 掲載、no.71)

Collumn Top




10.子猫救った連携プレー

リレー競争で一番難しいのは、バトンを渡すときです。医療の現場でも同じことが言えます。 オホーツクの紋別市に、私の友人の獣医師が動物病院を開いています。先日、生後6カ月の先天性心臓病の子猫がいて、どう治療したらいいかと相談を受けました。 その子猫は生まれつき体が弱く、発育も後れがちでした。手術をしても助けられるか、麻酔には耐えられるのか。飼い主さんとの話し合いの中では、苦しませるのならばむしろ安楽死をすることも考えました。結局、できることはしてあげたい、なんとか助けてほしい、との飼い主さんの心に動かされ、手術をすることになったのです。私は夜間に車を5時間運転して友人の病院へ行き、その子猫の手術をしました。よほど強運の持ち主なのでしょう。手術は無事に終えることができました。 しかし、まだ安心はできません。外科において、手術後のケアは一番重要なのです。翌日、点滴を受けている子猫を友人に託し、私は帰路につきました。この手術がベストであったのか、病気から回復してくれるのか?。帰りの車の中で、頭の中を子猫の姿がずっとよぎっていました。 私たちを信頼して手術を頼んだ飼い主さん、そして大切な術後の看護をしてくれる友人。2人の獣医師が協力して1匹の子猫を治療したのです。バトンを渡す側も受け取る側も、うまくいくかどうかは息が合ってないといけないのです。しばらくして、友人から電話がありました。「今日、元気に退院したよ」。命のバトンは、ちゃんと飼い主さんの手に渡ったようです。

2002/10/9 掲載、no.75)


Collumn Top





11.雪虫で思い出す飼い犬シロ

雪虫をご存じですか? 吐く息が白くなり、防寒着の襟を立てるころになると、そろそろ初雪が降りますよ、と教えに来てくれる北国の冬の使者です。外を歩いていて、予期せず遭遇するもので一瞬、目の錯覚かと思うほどゆっくりと飛んでいる、かれんで真っ白な小さな綿のような虫です。そっと手のひらですくうと、アブラムシのしっぽに綿毛がついていることがわかります。雪虫を見ると、私の中に淡い記憶がよみがえります。 私が幼いころ、札幌市内の実家には「シロ」という名の、雪のように白いスピッツ犬がいました。まだ小さい私と、よく相撲を取ったりしたそうです。庭は垣根で囲われていて、サクランボやなしの木が茂っていました。シロはいつも忠実で、家族の一員として良い番犬をしてくれました。 ところがある日、近所の人をかんでけがをさせてしまったのです。シロにも言い分はあったでしょうが、近所の人の手前、泣く泣く保健所に引き渡さなくてはなりませんでした。私はシロのいなくなった犬小屋の前で泣きました。小屋の前には大きなクルミの木があり、足元にたくさんのクルミの実が落ちていました。シロはクルミの実を採りに来た人を泥棒と思ってかんだのかもしれません。私はまだ幼く、シロがいなくなったことを十分に理解していなかったように思いますが、しかし子供心は傷つきました。 シロをつないでいた鎖を握りしめ、泣きじゃくっていた私の周りに、いつの間にかたくさんの雪虫がその時に舞っていました。今でも雪虫を見ると、その時の淡い記憶がまぶたの裏に、おぼろげに浮かんでくるのです。

2002/11/6掲載、no.79)

Collumn Top




12.猫へのひどい仕打ち

 わが家には5匹の猫がいます。「吾輩(わがはい)は猫である」といった堂々とした風格のありそうな子ではなく、みんな何故か控えめな猫たち。実は、3歳から16歳の年寄り猫までみんな捨てられた子たちだったのです。先日のことです。子猫が3匹、段ボール箱に入れられて捨てられていました。この寒空の中で餌もなく、家の前に置き去りにされていたのです。車にはねられたり、カラスにつつかれたりするかもしれません。いったいどんな人がこんなひどいことをしたのか。もらい手が見つかるまで私が育てることにしました。 捨てられた子猫ちゃんたちは自分たちの境遇をものともせず、無邪気に遊び、すくすくと育ちました。3匹とも、とてもかわいい顔をしていて、すぐ私になつきました。

 里親探しに出していることを聞き、子猫の顔を見に来られた方が、自分の家の猫が死んでしまったから欲しいと、2匹引き取っていきました。すごくなついてきたところだったので別れは悲しかったのですが、かわいがってもらえそうでした。 あの子たちを捨てた人に言いたい。猫の人生も人の人生もいろいろな運命の流れの中にいるのかもしれない。けれど、自分より弱い生き物にひどい仕打ちをするような人生を、私は歩みません。堂々と病院の待合室にかごに入れた動物を置き去りにした人もいます。誰だって、捨てられた生き物を引き受けるのは容易ではないのです。誰がこの気の毒な猫たちを養っていくのか、子猫たちがそんなことを訴えることはありません。あのつぶらな瞳たちが、誰よりも、そして世界一幸せに過ごせるように祈りたいものです。

2002/11/6掲載、no.79)

Collumn Top