院長の紹介

 

斉藤 聡

獣医学修士

石山通り動物病院院長

酪農学園大学獣医学部大学院客員教授

北京農学院獣医国際教育特別顧問

環境省希少動植物保存推進員

 

 

院長写真

 


 

自己紹介; 札幌生まれ。幼少期に祖母から藤間流日本舞踊の指導を受ける。その影響からか日本特有の「伝統文化」に興味を持ち、獣医師になってからは「伝統文化を守るコト」が転じて「日本固有の希少動物の保護・調査」について勉強するようになった。大学や米国、フランスでエキゾチック動物臨床や野生動物の治療を学び、平成元年4月に、札幌で開業。犬猫はもちろんのこと、エキゾチック動物から動物園の動物の診療まで幅広く行い、哺乳類以外にもウニの麻酔から、ヘビ・カメの手術、オオサンショウウオの手術など一般的には困難とされている動物の診療も行っている。現在の関心はヘビの人工授精と、カメレオンの生態および棘皮動物の五放射相対である。診療以外にも野生動物と人社会の問題に取り組み、特にエゾシカやヒグマの調査・防除を公的機関から依頼されている。また、希少動植物の保護を環境省から任ぜられており、獣医師として多くの仕事を担っている。近年は、北極など世界の29カ国を見て回り、世界中の野生動物の治療や環境保護をライフワークにしているが、クモだけは苦手である。

 


院長の著書

 

 

院長のコラム