2007年韓国沖、タンカー油汚染事故

昨年、2007年12月7日、韓国領内の黄海において停泊中の香港船籍の大型タンカー、「ハーベイ・スピリッツ号」に大型クレーンサルベージはしけ船が同日午前、沖合10kmで衝突し、タンカーから原油が流出する海洋汚染事故が発生した。

衝突により穴の開いたタンカーは9日朝、事故発生から48時間後にやっと穴を塞ぐ応急処置が終了したが、すでに1万0500キロリットルの原油が流出してしまった後だった。海岸線の泰安沿岸にはすでに50キロメートルに及ぶ油の帯が形成され、油に覆われた海域は30キロ平方メートル以上に及んだ。海岸に押し寄せた油は、砂浜や岩を真っ黒に染めて数センチの厚さになり、長靴を履いても歩きにくいほど粘着力が強く、その臭気で呼吸ができないほどであったという。

 当初、事故が起きた地点やその周囲の海域では、100隻以上の船舶と7000人以上の人が総出で油の除去作業に当たったが対処不足で、2日間で回収できた油の量は、わずか数百キロリットルに過ぎなかった。被害拡大を食い止めるための初期作業は、失敗に終わったと言える。オイルフェンスも、高波にも耐える外海用のフェンスが不足し、波が打ち寄せる度に油はフェンスを越えて流れ出てしまった。

 また事故直後に当局が下した予想もことごとく外れてしまった。当局は油の帯が24−36時間後に海岸に到達すると予想したが、実際にはわずか13時間しかかからなかった。漁民たちは必死で海岸で油をスコップですくい上げたり、吸着材で取り除こうとしたりしたが、焼け石に水だった。

最終的に流出した大量の原油はほとんどが海岸に漂着し、韓国西部泰安郡の海岸線150kmが汚染され、養殖漁場や自然環境に大きな被害が今も起きている。
これまでに油吸着剤、処理剤、オイルフェンスでの包囲と油除去船による油の回収とともに、多くの韓国市民が多い日で4万人以上が、海岸での油回収のボランティア活動に当たっていた。
収穫時期にあたる牡蠣などの養殖業には深刻な被害が出ており、現地の自治行政課、昔福基氏によると野生動物への被害は幸いにも多くないと聞いた。現地でのボランティアによる油回収は韓国全土から集まり、12月末の時点で延べ360、000人以上が携わり現在も活動している。

 泰安一帯は漁業が盛んで400カ所以上の養殖場が存在する。養殖場に油が侵入すれば長期にわたり漁民への生活の糧が失われる。また海岸国立公園に指定されている泰安海岸も、自然環境や渡り鳥に大きな被害を受けることは間違いない。

 韓国では1995年に起きた「シープリンス号」の事故を受け、エネルギー経済研究院が対策を講じるための費用を試算したが、東海(日本海)・西海・南海にそれぞれ2500億ウォン(約303億円)ずつ必要だとの結果が出たため、国家プロジェクトして事実上これを放棄してしまった。

 韓国の原油輸入量は年間8億9000万バレル(約1億2400万トン)に達する。その原油を運ぶため、西海・南海にはひっきりなしにタンカーが行き来している。また、中国から日本へ向かうタンカーも常に10隻ほどが通過している。韓国の近海がこのように混雑している中、原油流出事故がいつ起きてもおかしくない状況にもかかわらず、希望的観測で目先の経済のみを重要視した残念な結果といえる。

 米国では海洋大気圏局(NOAA)の下で国や州、地域単位で海洋汚染防止策のシナリオを詳細に規定している。原油流出事故が起きた場合、事故海域の風向や潮流などの要員を考慮し、汚染区域の拡大傾向を事前に予想して被害防止対策を立てるため、即座にオイルフェンスを設置する場所を決定することができる。また、自然保護や、油汚染鳥の救護に対するNGOなどが州行政と連携をとっている。

日本でも海上保安庁が海上全海域を十数の管区に分け、海洋の緊急対策を講じられる態勢を整えており、万一の事故に備え油を回収できる態勢を敷いている。   しかし、日本は韓国と同じ非産油国であり、韓国の2倍以上の原油類を年間、中東から輸入している。しかも、遠い中東から他の国の海や、海岸線を一部ではかすめて運んでいるのである。自国の領域以外でもタンカー事故は引き起こされる可能性があり、韓国の今回の事故を見てその備えは果たして十分なのであろうかと考えさせられた。

今回、韓国での大きなタンカー事故は二度目となった。韓国の国民は誰もが二度と起こってほしくないし、すぐには起きないと信じていたのである。日本では1997年にロシアのタンカー「ナホトカ号」が沈没する大きな被害が起きたのが初めての大きな油汚染であった。その後は幸いにしてまだ起きてはいない。 今の時期は札幌に住む私も暖房がなくては凍死するでしょう、このありがたい暖かさは遠く地球の反対側から運ばれてきた石油のおかげだということに感謝しつつPCを閉じます。                   

 

原油の除去は多くのボランティアによる人海戦術で行われた。

韓国人の自国に対する愛国の精神は非常に高い。職場単位で中には年末の仕事をキャンセルして全職員をボランティアに送った会社もあるという。

私も日本からよく来てくれたと声をかけてもらったときには、隣国同士で対岸の火事ではないのだからと心から思った。

回収された油やごみ。現地でも珍しい暴雪嵐の中、気温氷点下でのボランティア活動である。多い日で40,000人以上が参加していた。すべて自費で   参加している。クリスマスとお正月の時期にもかかわらずつらい状況でも皆さん真剣であった。

事故当初は、海岸に大量の原油が流れ着いた。コールタールの海である。

生物皆無の世界で、5年前のスペインの事故を思い出させる。油の揮発臭で

のどが痛く、目をあけていられないほどだ。有害で死の危険がある。

記;韓国の人の愛国心はとても強い。

  正月返上で韓国に行った甲斐があった。

石山通り動物病院  斉藤聡



原油が漂着した千里甫海岸。現地は砂浜と岩礁地が入り組む風光明媚な

観光と水産資源の豊かな場所である。その地が一日で真っ黒いコールタールの海になった。この写真の手前側はすでに油除去が終了している。

  

Back