2006年9月30日、アメリカ獣医学協会およびthe Amerian society for the Prevention of Cruelty to Animals の Animal Poison Control Center からの発表として、キシリトールが犬に対して重篤な障害を起こす懸念が高いというニュースがロイターが伝えました。

キシリトールとは?
ガムやキャンディーなどに含まれる人口甘味料であり、低カロリー製品として市場に流通しています。1960年代前半からこのキシリトールが犬に低血糖を引き起こす可能性が示唆されていましたが、近年合衆国においてこの被害が増加しています。

人間においてもイヌにおいても血糖値は膵臓由来のインスリンによって制御されています。ところが、人間には何の影響もおよぼさないキシリトールが、イヌにおいてはインスリンの過剰分泌を引き起こします。これによりイヌは血糖値の低下(=低血糖)を引き起こしてしまうのです。

キシリトールを食べた後、臨床症状はわずか30分で起こることもあります。症状としては
嘔吐、虚脱、運動障害、元気不振、けいれん、昏睡、肝機能障害または肝不全
があげられます。

みなさん、キシリトール含有の人用のガムやキャンディーをわんちゃんにあげるのはやめましょう!



詳細は…
http://www.toltallyice.com/XylitolToxicityWarning.html