ミニブタの飼い主さんへ

現在、報道されている通り、宮崎県で最初に感染していた水牛から、口蹄疫という家畜法定伝染病が発生し豚や牛に拡がっております。

家畜が感染した場合には法律で殺処分が決められております。 牛・豚以外に感染する動物は山羊、綿羊、イノシシ、鹿が主で、人・犬・猫・フェレットには基本的に感染は少ないでしょう。

ペットでミニ豚を飼っている飼い主さんは、 国内の終息宣言が出るまで当分の間、散歩等で他の動物と会わないようにしたほうがいいでしょう。

また、エサや敷きワラなどが感染源になることもあるので、入手先には十二分に気をつけてください。
なお、現在、
口蹄疫ワクチンは入手できません。

消毒は、ホルマリンまたは塩素系の漂白剤が殺菌効果があります。